ホーム  日記

名古屋の市バスでも、東京の地下鉄でも同じようなことが言えるのですが・・・、判りづらくないですか。
まさにあんな地下鉄の路線図なり見て乗りこなすことが出来たのならプロフェッショナルではありませんか。

昔はきっとああじゃなかったことでしようね。
段々と路線が増えることによって判りづらさというものが増大して、そろそろ私たちの脳の能力では理解の限界になってしまった訳です。

そう、図としてうまく出来たつもりでいてもかなり理解を要するワザなのです。いろいろと電車乗り継ぐ難とは他にもありますよね。
まさに日本の交通機関は判りづらい。

それを難なく乗りこなす外人などとても素晴らしいものだと言いたいのですが、きっと判りやすく観光地へ向かうことの出来るガイドブックでも持参していることでしょう。

しかし、いったん外国人が、観光地でない場所に迷い込んでしまったら、全く深い森のように二度と出ては来れなくなってしまうのではないでしょうか。
大体日本人である私だっていろいろと迷うことがある訳です。

大体、あのホームの書かれてある線だって全く普通列車待っている分には何処に立っていればいいのかと、全くもって判らないしまつではありませんか。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ