2014/1/4

(無題)  

目が覚めたら。

カタルシスという名の何か。

よーし!それじゃあ!

ごめんね。

こんなパパでごめんね。

愛してます、世界一。

ドミナントからトニックに戻るように。

愛されてほしい。
0

2014/1/4

(無題)  

いましがた投稿したばかりで、何を書くか。

しかし私は暇なのです。時間が最初に一人暮らしをしたときに拵えた料理よろしく余っているからであって。

なのであればおまえの個人的な日記に書けばよいだろうというマス意見はけだしごもっとも。

しかし同時に人(面識のあるかないかは問題ではない!)に見られたいという欲求、それがあるのが昭和末期〜平成に誕生し成長した宿命でもあると思うのです。

日々音楽を作ろうとしたりするが、結果何一つ残らない絶望。

労働に従事せんならん絶望。

思いが実らない人物に対しての絶望。

この絶望キュービックな状況。

時間は無限でも人にとっては有限。とくに己が活動できる、満足に行動出来る期間などと言うのは有限なもの。

頭の悪さを露呈していくしか生きていく方法がない。

露呈しないためには鬼籍に入るしかないのである。

一瞬で時間が過ぎないという理不尽さを抱え、それでも生きていかなければならないのかと。

↑こんな人間大嫌い!(ああ、だってそれは逃れられないとわかっているというのに)

どうせなないと思っている人達を脅かせるためだけに死にたい。

ただひたすらにそう思う。

あと少しの勇気がほしい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ