顔そりをするペース  

顔にも、よく見てみると薄っすらと産毛が生えているのがわかります。
肉眼ではあまりはっきりと見えないので、ほったらかしにしている女性も多いのですが、実際に顔そりをして産毛を除去してみると、肌のトーンがアップするので驚いてしまいます。

くすんでいるように見えていた肌も明るくなりますし、ファンデーションを塗ったときにノリがよくなるので、一度試した方は続けているようですよ。
キレイになることというと、ついつい小マメにやりたくなるのですが、顔そりはあまり頻繁にやらない方がいいでしょう。
理由は、ムダ毛をキレイに剃っているというだけでなく、同時に角質も除いてしまうからです。
角質を頻繁に取り除くことは、肌トラブルにつながりますから、毎日やらないようにしてください。

顔そりをするペース、口の周辺は週に1回くらい、顔全体は4週に1回くらいがいいでしょう。
顔そりは継続的に行うでしょうから、これよりも短い間隔で長期的に行うことは、肌に負担をかけてしまう可能性がありますので気をつけてください。

顔そりをしてキレイにしたい日は、出掛ける前などでしょうが、あまり直前にやらない方が無難です。
くれぐれも、当日の朝などは絶対にやめるようにしてください。
目的当日より、2日〜3日前のお手入れがいいのではないでしょうか。
2日〜3日前でしたら、顔そりで取り除いた角質が回復しますので、肌が美しい状態になって戻っているはずです。

顔そりをする前は、まずよく切れるカミソリを準備し、顔を清潔な状態にしておいてください。
肌へのダメージから守る目的で、乳液や美容液などを処理したい箇所に塗っておきます。
鏡を見て、産毛の生えている流れを確認したら、流れに沿って処理します。
毛の生える流れに逆らって剃ると、肌に負担がかかってしまうので、同じ方向に処理するというのが基本です。

顔そり終了後は肌が敏感な状態なので、アフターケアを行って、肌の負担を和らげましょう。
美容液や保湿成分を豊富に配合した化粧水などで、肌をうるおします。

産毛がなくなっただけで見た目がキレイになるので、アフターケアをおろそかにしてしまいがちですが、美容液や化粧水などでの保湿はわざわざ面倒な手間をかけるだけの意味はあります。
美肌維持のためだと思って、必ず行うようにしてみてください。
肌は、正しいお手入れを続けていれば応えてくれるものです。
少し大変に思えることがあっても、無理しない範囲で続けていきましょう。

体臭の原因と対策
0

恋人にスッピンを晒すまで  

他人に素顔を見せるのは、女性であれば誰でも戸惑うものです。
中でも、恋人にはじめてスッピン顔を見せるにはそれ相当の勇気が必要ですよね。
海外のMail Onlineというサイトで行った調査では、女性の約8割は、
「新しい彼にスッピンを見せるまでには、最低でも1ヶ月は必要」と答えたことが判明しました。

実は女性は、スッピンをなるべく見せないために、恋人とのお泊りのときに涙ぐましい努力をしているのです。
彼よりも朝早く起きてメイクをするとか、彼が寝るのを見届けてからから化粧を落とす・・・。
中には1拍くらいのお泊りなら、化粧をしたまま寝ると答える人も。
確かに抵抗がある気持ちは分かりますが、メイクを夜遅くまで落とせないのも、そのまま寝てしまうのも、
美容にとっては悪影響ですよね。
定期的に訪れることなので、その日限り!というわけにもいかないので、肌の負担は増えてしまいそう。
逆にさらにスッピン顔が、美しくなくなってしまう可能性も出てきますよね。

しかし、男性側としては「自分の彼女は直ぐにスッピンを見せてくれた。」と思い起こされる人も多いです。
でもそれって、もしかしたらスッピン風メイクであるかもしれないのです。
実はこれには私も記憶がありまして・・・。
付き合いたての男性と温泉に行ったとき、お風呂ではメイクを落として洗顔しましたが、
出てきてから再度、ベースメイクと薄いアイライン、眉毛を書き足したことがありました。
彼の家などに行ったときも同様で、しばらくはある程度見られる顔に整えていたんです。
この方法、私だけかと思っていましたが、女性なら誰でもやっている裏技だとか。
男性はメイクに対して知識も免疫もないので、うっすらメイクをしていても全く気付かないことがほとんど。
騙された!と思うかもしれませんが、これは「良く見られたい」「嫌われたくない」という愛情表現だと思って頂きたいものです。
でも私個人としては、彼の存在に関わらず、できることなら24時間キレイな顔でいたいものだと思うのです。
夜にふと鏡を見たときに、自分で自分のスッピンが嫌だな〜って思うことは、事実よくある話。
肌に影響がないなら、ずっとメイクをしていたいとも感じます。

最近は24時間つけたままでも害のない、ミネラルファンデーションが人気を集めています。
むしろつけていた方が肌に良いものもあるのだとか。
こうした商品のヒットの裏には、こんな女性の涙ぐましい努力と悩みが隠されているのかも。
しかし、いずれ本当のスッピンを晒すときが訪れるのは確かです。
普段からあまり落差のないメイクを心がけるのも、ハプニングの回避に繋がるのかもしれませんね。

体臭の原因と対策
0




AutoPage最新お知らせ