ガムを噛むとキレイになる  美容

私は食後や小腹の空いたときに、ガムを噛む習慣が付いています。
食事の後は口がさっぱりしますし、たくさん噛むことと少量の甘みでダイエット効果も期待できるんです。
しかし、ガムを噛むことでもたらされる美容にいいことは、実はもっともっとたくさんあるんですよ。

まず、咀嚼することで顎が鍛えられます。
顎周りの筋肉が発達すると、顔がきゅっと引き締められるので小顔効果が期待できます。
実際に私もガムを噛む習慣が出来てから、顎のラインがすっきりしてシャープな印象になったんです。
さらに、パロチンという「若返りのホルモン」が咀嚼によってよく分泌されるようになります。
パロチンはなかなか知られていない物質ですが、実はとても素晴らしい美容効果をもたらします。
全身の細胞分裂を活発にするので、肌・内臓・歯・骨などの様々なものが若返り、再生されるのです。

ダイエットや、食べ過ぎの抑制にもとても効果的。
咀嚼すると脳は「もっと食べろ」という命令を出しません。
満腹中枢が常に刺激されているので、何となく小腹が空いたなどといった無駄な間食を抑えることができます。
食前にガムを噛んでおくと、空腹感が和らいでいる状態なので一気に食べ過ぎたりする心配もありません。
食事と食事の間が長くあいてしまうと、どうしてもお腹が空いてガツガツたくさん食べてしまいがち。
しかしガムを定期的に噛んでおくことで、そんなドカ食いが防止できます。

ただし、ガムを噛んで食事をしっかり摂らないのはもちろんNG。
ダイエット中の空腹しのぎに取り入れるのは良いですが、過激なダイエットに使用しないで下さい。
しっかり食事を摂って、その補助的な役割でガムを噛んでください。

また、ガムをよく噛むと唾液の分泌が促進され、唾液によって歯の再石灰化が促されます。
歯の表面をつややかにし、白くしてくれるんです。
肌の美白には多くの人が気を使いますが、歯のケアは十分できていない人も多いです。
色素沈着が起こってから、歯科でのホワイトニングをするよりもとても効率が良く、経済的ですよね。
もちろん、歯に良いキシリトール配合のガムも、虫歯が出来にくくなるのでおすすめです。
ただし食べ過ぎると、お腹がゆるくなることがありますので注意しましょう。

そして、噛むことで集中力がアップしたり、ストレスが軽減されるという効果もあるんですよ。
仕事中などに噛むと作業効率がアップするかもしれませんね。

ガムを噛むって、こんなにも美容に良いことがあるんです。
顎を使うということは非常に重要なことなのだと感じます。

保湿ケアの方法


0

毛穴を目立たせている原因とは?  美容

毛穴は20代の比較的若い女性であっても、気になる悩みとなっていることが多いもの。
特に小鼻の周りの毛穴は目立ちやすく、年齢と共にそれは頬などの広範囲に広がってしまいます。
実はこの毛穴の悩みは、間違ったメイクの仕方に問題があるパターンが多いです。
毛穴を隠そう隠そうとする行為が、返って開きやすく、目立ちやすい状態を作っていることもあります。

まず、メイク前の毛穴ケアはしっかり出来ているでしょうか?
メイクする前に大事なのは、肌の保湿です。
乳液やクリームを多く付けると、そのべたつきからメイクがし難いと感じる人も多いでしょう。
そのため、化粧水はたっぷり付けても、乳液や保湿クリームを控えめにしている人もいます。
しかし、肌の乾燥は化粧崩れの大きな原因になってしまいます。
化粧が崩れると毛穴も見えてしまいますし、乾燥そのものも毛穴問題には大敵です。
べたつくのが気になるのであれば、スキンケアしてからメイクするまでにしばらく時間をおいてみましょう。
しっかり浸透したところでメイクを始めれば問題はありません。
化粧乗りもアップするので、スキンケアからメイクまでの時間は余裕をもっておきましょう。

また、毛穴を隠そうとしてベースメイクを厚塗りしてはいませんか?
たくさん付ければその分カバー力もアップする、という解釈は大きな間違い。
むしろ皮脂の多い鼻回りはベースメイクは薄くするべきなんです。
ファンデーションには油分が多く含まれています。
そのため、Tゾーンに塗りすぎると油の量が許容範囲を超えてしまい、化粧崩れがおきます。
化粧直しするときも、毛穴を隠す為にその部分に上塗りしてしまうことも多いでしょう。
特にパウダーファンデーションは簡単に上塗りすることができてしまうので、毛穴の目立ちを悪化させがち。
やってはいけないNG行動ですので要注意。
もしどうしても隠したいのであれば、油分を含まないベビーパウダーなどがおススメ。
毛穴を塞ぐことができるのに肌に優しく油分がないので、程よく馴染んでくれます。
ベビーパウダーにも固形タイプでパフが付いたものが売られています。携帯するのも塗布するのも便利ですよ。

毛穴は、隠せば隠すほど目立ってしまうという厄介なもの。
気にし出すと、余計に目立つように感じてしまったりもしますよね。
しかし、化粧崩れの起きる原因やNG行動をしっかり把握しておけば安心です。
ちょっとした勘違いが、思わぬ原因になっているかもしれませんよ。

保湿ケアの方法
0




AutoPage最新お知らせ