2013/5/4

●ハネムーンのその後●  



昨年12月によしこ(亀)が転落死しました。
最悪な最期を迎えさせてしまいました。
緊急手術で一時持ち直したけれど、もう半身ぐしゃぐしゃで、保ちませんでした。

埋葬の日に、転落現場でよしこの落とし物を拾って。
つぶやきをまめに追って下さった方にはわかるかもしれませんが、美談になりそうなきれいなものではなくて。
それでも不思議と腐りも乾きもしなかった。
年を跨いで一月以上、二度目の埋葬まで、よしこ(小)は我が家にいてくれました。

転落現場の跡がずっと落ちなくて、いつまでも苦しませているようで、辛くて。
事故現場専門の業者さんが、落とし方を教えてくれて。
呆然としてみたり涙が止まらなかったり、ただ石を磨く日々でした。

そんな中、慢性腎不全のつむさん(猫)の体は徐々に弱っていて、
長く引きずった膵炎もおさまらなくて。
体重は生後4ヶ月の猫の平均体重を下回っていました。



先月の頭、どうにかよしこ(跡)も落ちたと言えるようになった頃。
最期は肺水腫でした。
急変から12時間以上も苦しんで、自宅でわたしが看取りました。
多重債務も失職も覚悟の上だったのに、わたしに職もお金もギリギリ残して、いってしまいました。



3年間を猫の介護に費やし、失うものばかりでした。
趣味や人間関係も、そこそこなくしたように思います。
職場でも家でも逃げようのない死に包囲されていました。出歩くこともまままならず、経済面でも体調面でも後がなくて。独身一人暮らしの介護生活、誰も頼れずとても孤独でした。

いっそう何も手に付かず片付けられずの日々の中、世話になった方々に報告をと思い
0

2013/5/4

休日  

・土曜日


熊本市現代美術館にて、奈良美智さんによる「君や 僕に ちょっと似ている 」という個展を見に行っていた。

 親が見に行くので俺もついでに・・・というわけなのだが、1000円払って覗いて見るやいなや、粘土を使ったクソでかい造形物や、ダンボール・そこらのベニヤ板の上に描かれた絵が置いてあった。


中には、ファウスト先生みたいな置物があってびびったw




一番印象的だったのは5,6メートル角のデカイ絵で、描かれた人物の瞳がみずみずしくてすごかったぜ。



見終えたあとは街をぶらつき、ダイエーで試し読みを駆使して「ビブリア古書堂の事件手帖」「ロボティクスノーツ」「機動戦士ガンダム サンダーボルト」を立ち読み。 んで、パンコーナーでアイスカフェラテ飲んで人くつろぎだ。




帰宅後は晩飯のステーキを食べて、最後にシュタゲを遊んで就寝。





・日曜日


この日は起きてシュタゲとドラクエ7を嗜んだあとは、午後からホビーショップに行っていた。

 目的は、研究室にて後輩から「ファービー」を寄贈されたので、何かお礼を・・と思ったが、ミニ四駆の「ブラックストーカー」が欲しいとか言っていたのを思い出したからだ。


入ってミニ四駆コーナーを見ていたが・・・懐かしい! シャイニングスコーピオンを筆頭としてプロトセイバー、ビークスパイダー、スピンコブラ、ファイターマグナムなどなんでもござれだ。

 その中で目当てのブラックストーカーを見つけたは良いが、端っこに付けるベアリング4個付いてるせいで1400円にはド肝を抜かされた。 どれも600円程度なのによお・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ