看護師国家試験の特別措置

2012/8/21 
最近のニュースによると、経済連携協定に基づいて、日本で看護師になることを希望して来日した、インドネシア人とフィリピン人が受ける看護師の国家試験について、試験時間を1・3倍に延長したり、受験の際には、問題文のすべての漢字にルビをふっている問題用紙で受験させるなど、日本語に不慣れな外国人候補者の合格率を上げるために、特例措置を講じることにしたそうです。
前回の看護師国家試験では、合格率は約11%でしたが、日本人のの合格率がおよそ90%なので、日本語があまり分からないことが原因で合格率に差があることからも、外国人への特別配慮を行うようですが、実際に病院へ入って働き始めれば、全ての漢字に振り仮名はうっていないわけで、素人目に見ても、本当に大丈夫なのかな?という感じはします。中途採用でも職場に馴染める?
0

teacup.ブログ START!

2011/12/13 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



AutoPage最新お知らせ