S病院に入院

2013/1/30 
子どもが1歳の頃、それはそれは冬など風邪を引きっぱなしの状態だった。
咳が治まっても鼻水をいつもたらしていたり、それが治ってホッとしたとたん
また熱を出したりの繰り返しだった。
その頃、私たち一家は韓国ソウルに住んでいた。

ある時、子どもが熱性けいれんを起こした。慌てふためいた私は救急車を呼んだ。
そして運ばれたのがソウル聖母病院だ。
幸いなことに、この病院は日本語の通訳がいる。
そして、日本の保険会社と提携しておりキャッシュレスの支払いが可能だった。
ただでさえ子どもの病気で不安な中、こうしたサポートが何よりありがたかった。

子どもは4日間入院した。もちろん私も一緒に泊まり込んだ。
病棟は新しく清潔で先生たちもやさしく、朝昼晩の病院食の韓国料理はおいしかった。
思いのほか快適に過ごせて、子どもは元気に退院した。
0

京都医療センター

2013/1/30 
 3年前の秋の終わり頃、近所の歯科医からの紹介で初めて京都医療センターで受診しました。もともと国立病院だったこちらの病院は、建物はそれほど新しいわけではありませんが、入ってすぐに受診受付機で受付をして、患者番号の入ったリストバンドを装着して、すべてその番号で管理するというシステムが取り入れられており、さすがに大きな病院だと実感しました。受診受付機で受付をした後は、受診科へ行って再度そちらで受付をします。受診待ちの患者番号が、それぞれの受診科前のディスプレーに表示されますが、受診の順番が表示されるわけではなく、あまり意味がないように感じています。とはいえ、院内であれば呼び出し用のカードのようなものを貸して頂けるので、長時間待たなければならないときはとてもありがたいです。
0



AutoPage最新お知らせ