勤務形態による看護師の労働条件の違いについて  

看護師は白衣の天使と言われ病院などで、医師のサポートや入院患者の手助けなどを行います。総合病院で働く看護師の場合には勤務形態がその看護師によって異なる場合が多く、それにより労働条件も異なります。
一般的に常勤の看護師の場合には1日8時間労働で休日が平均して1週間に2日程度である場合が多いです。そのうち夜勤がある日もあり、比較的ハードな内容です。しかし賞与が支給され基本給も高めであるケースが多く、できるだけたくさん稼ぎたい人に向いています。
それに対して、パートやアルバイトなどの非常勤の看護師は労働時間が常勤の看護師よりも短めです。その分収入は低めですが労働契約の内容によっては夜勤無しで働くという事も可能で、逆に夜勤専従で働いている看護師もいます。
苦手なドクターがいてストレス
0

いじめ  

不登校
0




AutoPage最新お知らせ