エチケットなど  

口の中で悪臭が発生する原因は多々ありますが、それらはあるメカニズムに則って生まれています。
その代表的な例が、「酸素による繁殖」です。
この嫌気性の細菌が多いと、口内は乾いてしまい、唾液の量が減ります。
つまり、効率的な歯磨きができていないという事になります。
子供の頃から自分のスタイルで歯磨きをしてきた場合、その子供の頃に正しい歯磨きを学んでいない場合は、いくら時間をかけても、実際にはかなり適当に歯を磨いている事になってしまうのです。
そのため、いくら歯磨きをしても口臭が取れないというケースが多発しています。
そうなると、必然的に口臭が発生する事になります。
生理時、妊娠期はストレスが溜まる事も多く、水分が通常より多く消費される事もあって、唾液の量が減ってしまうという傾向もあります。
これらが原因で口臭が発生してしまうのは、決して珍しい事ではないのです。
失禁パンツ
0

過剰なダイエット  

煙草の匂いが髪の毛に付着しやすいことは、多くのかたがご存じでしょう。
今でこそ飲食店は、喫煙席と禁煙席に分けたりして禁煙者の不快感を軽減するよう努力はしていますが、以前はカフェで一杯のコーヒーを飲むだけの時間でも煙草の匂いが移ったものです。
また、この疲労臭と同じ匂いが、過剰なダイエットをしている女性から発せられている場合もあります。
やはりダイエットによって腎機能が低下しているということなのでしょう。
女性からアンモニア臭がするのは、決して良いことではありません。
ダイエットを中断するか、もっと軽いものにすることが疲労臭の予防になります。
お店によっては、食べ物の匂いが髪の毛に付着することもあります。
このように、髪の毛は行く先々の匂いを付着させて、1日の終わりには非常にたくさんの匂いを発していることになるのですね。
しかしながら、中年以降の男性であっても、メタボリックシンドロームになっていないかたも大勢いらっしゃいますから、そのようなかたがたにメタボ臭はありません。
しかしながら、シャンプーで洗い流せば匂いもすっかり取れてしまいますから、予防もとても簡単だということになりますね。
http://www.jsd241.org/shitukinyou.html
0




AutoPage最新お知らせ