高砂建設と社長あいさつ  

皆さんどうもこんにちは
本日の高砂建設については高砂建設と社長あいさつというわけですんで高砂建設と社長あいさつを見ていきます


是非、皆々様のパートナーとして弊社をお引き立てくださいませ。
1975年に創業以来、時代の変化を乗り越えながら少しずつ成長を遂げ2005年には高砂建設創立30周年を迎えることができました。 また、これを機に代表取締役の交代を行い、創業者より受け継いだ「質の高い建物」
「質の高い提案」「質の高い思想」をさらに強化すべく経営体制を新たに整えました。

現在では木造注文住宅をはじめ、大型商業施設、医療・福祉施設、共同住宅など幅広い建築を手掛ける
会社へと成長してまいりました。特に木造注文住宅の分野においては、ソーラーサーキット工法
(外断熱二重通気工法)の技術と、埼玉県産材(西川材)双方の優れた点を融合し独自に研究・開発を重ね、
住宅の質に徹底してこだわり、性能・住み心地を追求してまいりました。
住宅の質・技術力・施工力共に最高水準の住まい造りに到達したと確信しております。
また昨今の深刻な地球温暖化、環境問題にも企業としての役割を果たすべく、
率先して取り組んでおります。
「まじめで誠実な企業活動に励み、住宅建築を通じて広く社会に貢献し、お客様はもとより地域の皆様から
愛され頼りにされる企業を目指す。」を基本姿勢に、より一層の努力をしていきたいと考えております。

是非、皆々様のパートナーとして弊社をお引き立てくださいませ。


高砂建設と顧客の声について  

こんにちは
今回の高砂建設については
高砂建設と顧客の声についてなので高砂建設と顧客の声について紹介していきたいと思います

子供たちの成長が丸太柱に刻まれていく家
さいたま市緑区 O様

高砂建設さんと建てた家に暮らし始めて1年半がたちました。その暮らし易さは、快適の一言につきます。
高気密・高断熱、あるいは空気の流れの良さや家の中での温度差がないことなどは日々の暮らしの中で直接感じる機会が多いです。特に真夏や真冬にありがたく思えます。暑い夏場でも夜はクーラーを消して寝ますが、朝までひんやりとしたままなので熟睡でき、高い断熱性が実感できます。また、真冬でも晴れた日は太陽が深くまで差込み、家の中で動いているとうっすら汗をかくことすらあります。
私たちはこの家を、子供たちの健やかな成長を願って新築しました。そのためには、家の中の設計自由度が高い在来工法がベストでした。さらに大工さんたちの匠の技術があって、私たちの希望通りの家が出来たと確信しています。ベンチをイメージして裾が大きく広がった階段にしたのですが、この場所が快適すぎるので子供たちはここで寝転がって本を読むようになり、二階に上がるとき邪魔です。これは少し計算違いでしたでしょうか。幼稚園の運動会前には、廊下で駆けっこの練習をするので、アドバイスどおりに有効900幅にしてよかったと感じています。2階で遊んでいる時も、吹抜けを通して声が聞こえるので安心です。

お蔭様で私たち夫婦も健康に快適に暮らしておりますし、落書き用の丸太柱には、健やかに成長する子供たちの身長がこれからも刻まれていくことと思います。


インテリアデザイナーと高砂建設  

皆さんどうもお久しぶりです
今回の高砂建設についてはインテリアデザイナーと高砂建設ということなんで、テリアデザイナーと高砂建設などを語りますね

インテリアデザイナー(英語:interior designer)とは、インテリアと呼ばれる建物内部やファサードなどの外部の装飾や空間構成、家具や照明器具、照明計画など住空間の一部ないし全体の室内演出・デザインや建物全体の構成などを手掛ける職業、またはこれを職業にしている人たちを意味する。 建物全体の構成や配置、家具の色彩的統一、壁紙の柄、設置場所などについての、より快適に暮らすための相談・コンサルティングも行う。現代では建築家との違いはデザイン性だと言われる場合がある。

フリーランスで事務所を設けて活動する人も多く、自ら家具やインテリア雑貨を制作する人もいる。 美術やデザイン知識の他、原価計算、コスト計算などの作業も必要な他、契約案件の説明、特に大規模事業の際にはプレゼンテーション能力なども必要とされる職種。

関連としてインテリアコーディネーターは、(社)インテリア産業協会が実施するインテリアコーディネーター資格試験に合格した人である。


高砂建設社長の声と高砂建設のこと  

こんにちは
本日の高砂建設については高砂建設社長の声と高砂建設のことなので、高砂建設についてのことを語りましょうか

一緒になって「日本の家づくりのトップランナー」を目指す。

家とは、人生の大半の時間を過ごす場所であり、家族が集う幸せの器です。住宅建築に携わる者として、 常に家づくりに真剣に取組み、最良の性能を持った住宅を提供する責任があると考えています。
創業して35年、これまで「人と地球にやさしい家」をテーマに家づくりに真剣に取り組み、 これまで約2500棟もの注文住宅を手掛けてきました。その一棟一棟の住宅から多くの事を経験し、 着実に積み重ねながら「最良の住宅」を常に追求し続け、今では業界トップレベルの家づくりに到達したと確信をしています。 長年実践してきた家づくりが「国の家づくりのモデル」として、2年連続で「長期優良住宅先導的モデル事業」に採択を受けたことで、 当社の家づくりが間違いのないものだとさらなる確信を得ました。

2009年、量から質へと日本の住宅政策が大きく変わり、住宅建設に求められる期待や責任も大きく変わりました。 量産型の住宅から質の良い住宅へ、地球環境に配慮した住宅、そして、何よりも住む人の幸せを第一に考えた家づくりへと、 日本の国は大きく舵をとりました。まさに当社がこれまでに追求し続けてきた家づくりそのものです。

当社は、今がさらなる飛躍の時だと考えます。家づくりに情熱をもった志を集めて「日本の家づくりのトップランナー」を目指します。


高砂建設の顧客の声を話す  

ご無沙汰しています皆さん
今日の高砂建設高砂建設の顧客の声を話すということなんで、高砂建設の顧客の声を話すことにしましょうか

子供たちの成長が丸太柱に刻まれていく家
さいたま市緑区 O様
高砂建設さんと建てた家に暮らし始めて1年半がたちました。その暮らし易さは、快適の一言につきます。
高気密・高断熱、あるいは空気の流れの良さや家の中での温度差がないことなどは日々の暮らしの中で直接感じる機会が多いです。特に真夏や真冬にありがたく思えます。暑い夏場でも夜はクーラーを消して寝ますが、朝までひんやりとしたままなので熟睡でき、高い断熱性が実感できます。また、真冬でも晴れた日は太陽が深くまで差込み、家の中で動いているとうっすら汗をかくことすらあります。
私たちはこの家を、子供たちの健やかな成長を願って新築しました。そのためには、家の中の設計自由度が高い在来工法がベストでした。さらに大工さんたちの匠の技術があって、私たちの希望通りの家が出来たと確信しています。ベンチをイメージして裾が大きく広がった階段にしたのですが、この場所が快適すぎるので子供たちはここで寝転がって本を読むようになり、二階に上がるとき邪魔です。これは少し計算違いでしたでしょうか。幼稚園の運動会前には、廊下で駆けっこの練習をするので、アドバイスどおりに有効900幅にしてよかったと感じています。2階で遊んでいる時も、吹抜けを通して声が聞こえるので安心です。

お蔭様で私たち夫婦も健康に快適に暮らしておりますし、落書き用の丸太柱には、健やかに成長する子供たちの身長がこれからも刻まれていくことと思います。

高砂建設の高気密住宅て評判いいんですね






AutoPage最新お知らせ