2012/5/1

スターバックス、昆虫から抽出の着色料利用を段階的に中止  

米スターバックスで、ストロベリー&クリームフラペチーノなどに使用されている赤い液「コチニール」と呼ばれる着色料を段階的に取りやめると発表し波紋を呼んでいる。

この着色料赤い色をしているのだが、その原材料となる物体が仰天。

なんと昆虫から採取されていたのだ、コチニールが昆虫からしぼりとられているというのは割と有名な話だが、その姿は実に敬遠したいものだ。



何これ?王蟲?そう、こちらがコチニールカイガラムシ。

見た目はモロに昆虫。

利用方法としては、乾燥させたカイガラムシを熱水等で溶かして抽出する。

できた着色料は、お菓子やかき氷のシロップ、かまぼこなどの色を染めるためなどに使われる。コチニールと記載があればそれは上記の虫である。天然成分で何よりといった感じだ。

さて、そんな中スターバックスにおいてストロベリー&クリームフラペチーノやストロベリーバナナスムージーなどが段階的にコチニールの使用を辞めると発表。

裏を返せば現段階でコチニールが使われているということになる。

特段、カラダに悪い影響がでなければ見なかったフリをしての見過ごせばよいわけですが。

そういう問題ではなさそうだ。

CNNによると辞める理由としては「消費者の期待に反していた」と言う理由だという。

やはり相当なクレームがあったに違いないが、いまさら昆虫から抽出したものだと言われても、スターバックスファンにとってこれまでと何ら変わらず注文するであろう。

今後は別の着色料を使うとのことだが、虫であろうが他の食材であろうが、結局ストロベリーではないことには変わりはなさそうだ、それ以前にコチニールが人体に無害かどうかは、まだ判っていない。

むろん他の着色料もしかり。

世の中には知らないほうが良いことが多すぎるのが現状。

【記事参照】
■CNN.co.jp:スターバックス、昆虫から抽出の着色料利用を段階的に中止

【関連記事】
■コーヒーフレッシュが使い放題である本当の理由は恐ろしい

健康 感謝 感動 キチンキトサン 飲むキトサン キトサン入りりんご酢
キトサンバモント酢 ダイエット 成人病 りんご酢ダイエット
米子市 山陰 鳥取市
脳梗塞 糖尿病 コレステロール 中性脂肪
0

2011/8/23

“キトサン・バモンド酢”(キトサン入りりんご酢)のすすめ  健康ダイエット


酢は優れた健康食品 

酢は、お寿司とか酢のものとして、昔からそのうまみや殺菌性が、じょうずに利用されてきましたが、
酢は単に調味料であるだけでなく、非常に優れた栄養食品です。
酢酸から副腎皮質ホルモンが作られることを解明したブロッホ(米国)、リネン(西独)両教授にノーベル医学賞が送られました。副腎ホルモン(鉱質ホルモン、糖質ホルモン、男性・女性ホルモン)こそ、病気を治したり予防したりする力のもとになるものです。現代社会生き抜くためにどうしてもストレスから逃れることはできません。
そのさまざまなストレスから私たちの大切な体を守るために役割を果たすのが副腎皮質ホルモンなのです。
生命のバランスを保つのに大切なホルモンで、副腎皮質ホルモンの分泌が少ないと、そのストレスに抵抗できなくなり病気になるのです。体をまもるために欠くことのできない副腎皮質ホルモンが、わたしたちの手近にある酢から作られるというのはなんとありがたいことでしょう。
ホルモンは、私たちの身体の中で、バランスを保った状態で作られて初めて過不足のない、絶妙な作用を発揮するものであって、薬として出来上がったものを外からとると、バランスが崩れ、恐ろしい副作用を伴うことがあります。しかし、酢を食品としてとるときは、直接ホルモンそのものをとるのではないので、副作用といった心配はありません。

酢には、ビタミンCが酵素によって破壊されるのを防止する作用があります。

多くの動物は、ビタミンCを体内で合成しますが、人間にはその能力がありません。
そこで、酢を利用して、ビタミンCを無駄なく効果的にとることができます。
飲酒のさい、酢を飲んでおくと酢が肝臓の機能を高めてくれるので悪酔いを防げます。
酒席の料理に必ず酢のものが付いてくるのも同様の趣旨によるものです。
また酢には、食欲増進作用、疲労回復作用など、多くの好ましい働きがあることも知られています。

米国バーモンド州で古くから伝えられているバーモンド健康法というのがあります。

これは、りんご、はちみつ、海藻の三つを利用した食事療法であり、健康維持・増進には、クエン酸・リンゴ酸などが欠かすことの出来ない重要なものであることを実証です。

肝臓  酢こそ最高の化粧品
酢が肝臓によいといわれるのは、酢が肝臓の疲れをとり、正常な働きに向かわしてくれ、肝臓に不可欠なたんぱく質や油(肉や魚など)の消化が、大変違うのです。お酒で悪酔いするのは、アルコールが分解されてできるアセトアルデヒドという物質のためですが、酢を飲むと肝臓の働きがよくなり、アセトアルデヒドができにくくなるから悪酔いしにくくなります。
 酢を飲んでいる方に顔の色つやがよい人が多いのは、酢が体液を弱アルカリに保ち、新陳代謝を円滑にするためです。とくに婦人では、化粧ののりが大変よくなりますので、酢こそ最高の化粧品と言えるのではないでしょうか。日に当たって出来るシミ、そばかすは肝臓の働きが弱いとメラニン色素が十分、分解吸収できなくて治りにくいものですが、そのような方も十分酢をとれば改善され顔色もよくなります。

高血圧と動脈硬化

酢を飲むと動脈硬化にも良いことはよくしられています。
動脈硬化の原因にもさまざまありますが、その一つにコレステロールがあります。
それは、血管の壁にコレステロールがくっついてゆくものです。そして、動脈硬化の進んでいる人には高血圧の人が多いのも事実です。動脈硬化が進行すると、血液の流れが悪くなり、血管ももろく壊れやすくなるので、脳卒中や心臓病、腎臓病、糖尿病などにも深くかかわってきます。
酢をとって動脈硬化が予防できるのは血管の壁にコレステロールや石灰を沈着させる乳酸たんぱくをおいだすからなのです。(クレブス理論)

酢の地液サラサラ効果。その秘密は水素にある。


「お酢は血液をサラサラにする。免疫力を高めるから、摂ったほうがいい。」こんな話を聞かれた経験をお持ちのかたもあるでしょう。
お酢の化学式は CH3COOHです。このお酢が、身体に入ると、CH3COOとH(水素イオン)に分かれます。お酢を摂るということは、水素イオンを身体に補充することになるわけです。
お酢の健康パワーの秘密は、水素にあります。水素イオンが補充されると、バッテリーに新しいバッテリー液をチャージしたような状態になるのです。わたしたちの健康に、酸化ストレス病の予防と対策に、水素(水素イオン)の補充は非常に重要な意味があります。

体に必要な六つの気

漢方では五臓六腑といいますが、人間の体の経絡には6つの経絡があり、それぞれ体の重要な機関とつながっています。
そのどれかのパイプがつまり調子が悪くなると病気になるというわけです。
キトサン・バモント酢は人間の体に必要な六つの気に必要な成分を配合してあります。
クロレラCFG・朝鮮ニンジンエキス・ステビア・ロイヤルゼリー・キダチアロエ・オリゴ糖など、健康食品として体にいい物質としておなじみのものです。
これがバランスよく配合されていて、皆さんの“元気”をサポートします。

砂糖“甘み成分”にこだわりました。

ダイエット・美容には甘いものは大敵!それと白砂糖は子供の成長にとっても、たいへん問題があります。
キトサン・バモント酢の甘みはステビア・オリゴ糖などで上品な甘みになっております。(通常、市販のりんご酢は白砂糖が使われています。)

山陰が生んだ「世界的大発明(製法特許)」 飲めるキトサン
高分子・水溶性キチンキトサン(ファイナルキトサン)入り


ノーベル賞をとった、田中耕一さんのおかげで、世に知られることとなった糖鎖。
人間の体には、アンテナのように60兆の細胞に糖鎖というものがくっついています。
21世紀のキーワード”糖鎖“。
キチン質には代表的な糖鎖で体にとって必要とされる8種類の糖鎖の内、5種類もの糖鎖が含まれていることがわかりました。            
吸収率のいい「飲めるキチン・キトサン」として、お肌や身体の内臓器官を元気にし、自然治癒力を高めることで、「グルコサミン、コンドロイチン、ヘパリン、シアル酸、ヒアルロン酸」などの美容と健康によいとされる物質が、「自分の体の中」で作られるので、吸収率も大幅にアップしました。
肝機能アップ、重金属の排出、コレステロールを抑え、自然治癒力アップなどなど、りんご酢との相乗効果が期待できます。  
 
※カニアレルギーの方はご注意ください。

※さらに、マグネシュウムとリンゴ酸(リンゴ酢)を歌などの30分位前に
いっしょに取ると、リラックス効果で、声帯が柔軟になり、声にハリやツヤ、ノビがでてくることが期待できます。歌唱力アップ!!

お問い合わせは mji.healthnet@gmail.com
明成アイ健康ネット

クリックすると元のサイズで表示します
健康 感謝 感動 キチンキトサン 飲むキトサン キトサン入りりんご酢
キトサンバモント酢 ダイエット 成人病 りんご酢ダイエット
米子市 山陰 鳥取市
脳梗塞 糖尿病 コレステロール 中性脂肪
0

2011/8/23

よっしーMJ キチンキトサンに出会う  

10年以上前になりますが、わたしは仕事で海外に行っていました。
自分の夢を求めて、長男であるにもかかわらず、「もう日本には帰らないから。」
と親・親戚に言い残し、海外で暮らしていました。
ばちがあたったのでしょう。父が脳こうそくで入院中とのこと。
親の死に目にも会えなかったら、本当に親不孝息子になる!!
頭によぎりました。そこで、共同経営だったのですが、友人にやめることをいい、
日本に帰ってきました。
帰ってからは、自分も長い間の不節制がたたり、体は父に劣らず、生活習慣病のオンパレード。
軽い脳こうそく。糖尿病予備軍。高コレステロール、中性脂肪と生活習慣病のデパート状態でした。
そこで、いままでの自分の生活を反省し、父が病気になって、自分を連れ戻してくれたんだと神様に感謝しました。
多分、そのまま年をとって同じ生活をしていたらもうすでに、見知らぬ土地でしんでいたかも??と本当に思います。
そんな折、健康のことを真剣に学んでいたときに、入ってきたキーワードが“高分子水溶性・キチンキトサン”飲めるキトサンでした。
僕も務めながら、父と母に給料天引きで飲ませてやったのです。
せめてもの罪滅ぼしのつもりでした。
ほんのちょっとでも今までできなかった親孝行のまねごとでもできればという一心でした。
 父は幸いにも一命を取り留め回復していきました。
また、母は私が小さい頃、父のバイクでガタガタ道を走った時あしがバイクにはさまり長い間、入院生活をしていました。骨まで出てましたから・・・
そんなわけで、ちょっと家の周りを散歩しただけでも、足がうずいて夜眠れないという日々でした。
しかし、飲むキトサンを飲用しだしてから、足のいたいのがなくなったといい、足に羽根が生えて走っていけそうだ・・とよろこんでおります。
いまは、体調も良くなり、母はお花が好きなので、休みになると、梅、桜、ツツジ、チューリップ、あじさい、コスモスなどなど・・・見につれてってやります。
“一生分親孝行してもらったわ”と喜ぶ姿がまた幸せな気持ちにさせてもらえるのです。
ありがとう・・・ありがとう・・・ありがとう・・・何度でも言いたい気分です。
 そんな折、会社の定期健康診断があり・・
案の定、私は長い不節制な生活のおかげで・・・・・ひっかかってしまいました。
私は、健康診断で「“緊急再検査”を2週間後にするので来て下さい。」
と呼び出しをくらいました。
2週間の間、多目に飲むキトサンを飲用し、玄米食と気をつけたところ、すべて正常値になっていました。
先生が、「いったいどうされたんですか?病院の薬を飲んでもこんなことはありえない。詳しく聴かせてほしい。」といわれたのでした。
それ以来、健康お宅になり、友人のドラッグストアーの紹介でヘルスケアーアドバイザーの資格も手にいれました。
健康は何にもかえがたい財産だと思いました。

健康はすべてではない。・・・・しかし、健康を失えばすべてを失う。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/8/23

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ