2016/4/24 | 投稿者: マイセン

ドジャースの前田健太が、今日もいい投球して3勝目。

カープに居るときよりも安定してるねえ。

マエケンってもちろん日本じゃ超スーパースターだったけど、メジャーだと松坂とかダルビッシュとかマー君とかのほうが期待が高かった。

ところが蓋をあめてみるとマエケンはその他の日本人ピッチャーより数段評価が高い。カープファンとしてはうれしい限りです。

この調子でどんどん頑張ってほしい。







レコード遺産プロジェクト
0

2014/11/13 | 投稿者: マイセン

日経トレンディという雑誌が「2015年の顔」に選んだ杉咲花。

若手女優さんらしいけど、名前と顔が一致しない。

いろいろ調べていくと、味の素クックドウ「回鍋肉」のテレビCMで思いっきりほおばっている娘が彼女らしい。

食べながらちょっと睨みつけるような表情がなんとも印象的だ。

ユーチューブで面白い動画があったので紹介します。くだらないけど面白いです。

>>杉咲 花の覚え方(動画)<<




レコード遺産プロジェクト
0
タグ: 杉咲花

2013/7/17 | 投稿者: マイセン

 抜け毛対策というと、洗髪の頻度や方法、育毛剤の使用など頭皮を外側から対策する方法にまず目がいきがちです。髪も体の一部分である以上、体の中がどんな状態かでも影響を受けます。髪にいい食べ物とは、体にもいい食べ物であることがほとんどです。栄養が偏らないように、健康にいい食生活をすることが抜け毛対策になります。食事から摂った栄養が毛根にまで到達するのは、髪の毛が生命の維持にそれほど大事なものではないので、優先順位が低くなってしうものです。食事の量をダイエットなどで減らすと、抜け毛がひどくなることがあるのはそのためです。栄養が髪の毛までしっかりと届くように、大切なのは健康に良いといわれている栄養素をたくさん摂ることです。髪は主成分はたんぱく質であり、髪のもととなるのはアミノ酸の一種であるメチオニンです。肉や魚、大豆や乳製品から良質のたんぱく質を摂取しましょう。たんぱく質不足は、髪が細くなり抜け毛になりやすくなる原因になります。抜け毛対策のためには、たんぱく質の吸収をアップさせるビタミンが不可欠です。たくさん含まれる食品は、緑黄色野菜やレバー、牛乳などです。体内の血流をたしなむ程度のお酒であれば促すことができますが、肝臓に負担がかかり髪の毛を作るためのアミノ酸をアルコール分解に全部使ってしまうので飲み過ぎは良くありません。お酒を飲み過ぎはやめることも、大切な抜け毛対策の一つです。イン・ア・サイレント・ウェイ

0
タグ: 抜け毛対策

2013/7/14 | 投稿者: マイセン

ダイエットのための体操の中でも、骨盤の歪みからくる肥満に効果的な体操が骨盤体操です。骨盤の歪みを矯正するだけではなく、太りにくい体質に改善する効果もあります。骨盤は朝に向かって閉じていくことで自然な起床を促し体の動きを活発にすることができます。夜になると徐々に骨盤は開いていき、1日の疲れを払い落としてぐっすりと眠れます。生理周期に合わせても、骨盤は開いたり閉じたりしていますので、女性にとっては特に骨盤は重要な部位です。女性ホルモンのバランスは、骨盤のずれによって偏りが生じると、バランスをとりづらくなります。骨盤体操を実践することで骨盤の歪みを整えて、健康的なダイエットをするのがおすすめです。両足を肩幅ぐらいに開いてうつぶせに寝ます。両腕はほおづえをつきましょう。息を吐きながら片足のかかとで痛くない程度にお尻を勢いよく叩きます。反対側も同じように1秒間に1回のペースでを6回くらい行います。仕上げに、利き足を3回曲げましょう。体が慣れてきたら膝をついた姿勢で、より慣れてきたら立った姿勢で実践します。1日1回、骨盤体操をする習慣をつけてみてください。生理の間は休むといいでしょう。ダイエット効果が高くなるお風呂上がりなどが運動のチャンスです。骨盤体操は、自分の家で軽い気持ちでできるダイエット体操なので、ぜひ実践してみてください。オー!ロンサム・ミー

0

2013/6/22 | 投稿者: マイセン

 産後にダイエットをすることも、出産を終えた女性の場合は珍しくありません。特に出産後すぐに芸能界復帰するような女優さんや女性タレントは体型の維持がとても大変です。もともと女性は妊娠中には、およそ10kg程度体重が増えますが、生まれてくる赤ちゃんの体重は約3kgしかありません。その結果、妊娠前より妊娠後のほうが太ったという人が多いといいます。特に10s以上太った人はこの傾向があります。出産してからも一向に体重が減少しないとダイエットを繰り返す人もいますが、一旦増えた体重はなかなか減ったりはしません。妊娠後の運動量は、妊娠前と比較しても少なくなるものです。栄養も積極的に摂る人が多いので、自然と体重も増えやすくなりますが出産後の体重の変化は人それぞれです。もちろん育児に追われたり、母乳を与えていることもあり、産後にダイエットをしなくても自然に体重が元に戻ることもよくあります。一方で、日々運動もせず、妊娠中と変わらないような食生活を送っていては、いつまでも体重は減らないことでしょう。産後ダイエットを決心するなら、早いほうがいいでしょう。産後すぐにダイエットをしたいといっても、出産から1ヵ月はまだ母体の状態も不安定なままです。もしも産後ダイエットをする気があるならば、出産から大体6ヵ月ほどしてから開始してみてください。
金牛宮
0




AutoPage最新お知らせ