2012/10/18

情熱的な人も多い  

あんな刺激的な体験を、また一緒にできる相手を、いまもわたしは募集中です。
…ここまで書いてみると、東男と京女の恋は多難なように思えてきますね。
ちょっと難しいところがある京都の男性ですが、つき合う内にそういう部分も解けていく可能性があります。
お祭り好きが多いので、情熱的な人も多いですね。

後者のような、性的サービスなしの援助は、女性にとっては大変ラクですね。
なので当然男性もプライドが高く、そして見栄っ張り。

流行に対しては鋭く、買い物も大好きなので、恋人にと考えている男性はプレゼントなども効果的です。
他の地域から札幌に出てきている場合、街の事やお洒落なショップなどのことを知らないことが多いので、「○○ってお店知ってる?」など、向こうが食いつきやすい話題を振ってあげると良いと思います。
恋愛について考えても仕事で帰りが遅くなれば出会いのチャンスもないといったところでしょうか。
慣れるまではマメに連絡を取って、自分のほうに気を向かせておくことが大切です。
そして素肌に触れるとしっとり…という女性は、一緒にいても楽しい方が多いです。
そしてビジネスになると、いわゆる美味しい話に飛びつく、というのはほとんどないそうです。
まずはプロフィールを見て、相手の好きなものから責めてみることです。
私も運転はしますが、今は車を持っていません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ