ユダヤ式記憶術(松平勝男)ユダヤ式学習法とは  ユダヤ式記憶術(松平勝男)とは
あなたは、記憶術の中で難関の大学受験や難関の資格試験に強い

ユダヤ式記憶術というのがあるのを知っているだろうか?



ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細

クリックすると元のサイズで表示します





今までに記憶術や暗記法を実践したけど、

いざ!試験本番になると「思い出せなかった!」

もし、そんな経験があるのなら、

それは瞬間記憶術の可能性が高いです。



難関試験の場合、


覚える範囲も広く、膨大な量の知識を覚える必要があります。

そして、それらの知識を効率的に記憶していく必要があります。

さらに試験に役に立つには、

記憶した知識を忘れないようにしないといけません。


さらに、試験本番でその知識が湯水が湧き出るが如く、

次々と思い出されアウトプットされてこそ試験に強い

試験に受かる記憶術と言えるのです。




そんな、試験に強い記憶術が松平勝男先生が公開された

「試験に受かるユダヤ式記憶術」なのです。




その記憶術のことについて松平勝男先生はこのように言われています。



『何かを覚えるための方法は、昔から“記憶術”と呼ばれてきました。

記憶術には様々なタイプの方法があります。

なかには試験で使うと抜群の効果を発揮できる方法もあります。

(私はその恩恵を受けた一人です)


しかし、残念ながら日本で受験生に対して広く宣伝されてきた

記憶術の方法は、手品やTVショーの一部としてはともかく、

試験で使えるものでないというのが私の結論です。

(20年にわたる記憶術研究により)


そこで、試験勉強にきわめて役立つことを

私自身が実証してきた方法を紹介します。


もともとヨーロッパでルネサンス期に開発され、

ある理由により日本では詳しく紹介されてこなかった方法です。

おそらく、あなたははじめて耳にすると思いますが、

「ユダヤ式記憶術」という方法論です。

まずは、肩の力を抜いて、

物語を読む感覚でこの先を読み流してみてください。

あなたの“覚えるチカラ”“思い出すチカラ”が、

読むだけで倍増するヒントが一杯詰め込んでありますので。』



ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細





もし、あなたが司法試験をはじめ難関国家資格や東京六大学クラスの

難関大学受験の勉強で、


●膨大な量の知識をどうやって暗記したらいいのか・・・

●何度も書いて、何度も読んで覚えたのにすぐに忘れてしまう・・・

●記憶術の習得を試みたが方法を覚えるのが大変で挫折・・・



このような悩みがあるのなら、

このユダヤ式記憶術が、

それらの悩みを一気に解決してくれるでしょう。





なぜなら・・・


「ある覚え方」を知るだけで

無限と思えるほどの知識が頭に入り、

一度覚えた知識は、長期間忘れることがなく

試験中に鉛筆が止まらなくで困るほど

大量の知識を「もれなく思い出す」ことができるからです。


ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細





このブログは松平勝男先生の試験に受かるユダヤ式記憶術の内容 方法 効果 評価 口コミなどの詳細を公開しています。


0

 

長期の記憶に残らない記憶術は試験に向かない!?  試験勉強に向かない記憶術とは
ユダヤ式記憶術は、試験に受かる記憶術として評判ですが、

その理由は

・長期の記憶として残る
・覚えたことを思い出しやすい
・覚えるのが簡単


という理由からです。


逆に、試験に向かない記憶術とは

・長期の記憶に残らない
・覚えたことを思い出しにくい
・トレーニングの途中で嫌になる


だから、試験勉強には不向きなのです。




では、「長期の記憶に残らない」ということが

なぜ、試験勉強に向かない理由になるのでしょう?



そのことについて、松平先生はこのように話されています。



『このページをお読みの方は試験勉強に記憶術を使いたい人でしょう。

そうすると数ヶ月から、長いと数年間は

記憶した内容を頭に保持する必要がありますよね。

しかし、現在日本で紹介されている記憶術は、

覚えた知識と知識の間に意味のつながりや論理的なつながりが無いため、

長期に渡って記憶を保持することができないのです。

覚えたことに理屈がないので、短期間の記憶に終わってしまいます。


このような瞬間的に、短時間だけ頭に入れる記憶術を、

私は「瞬間記憶術」と呼んでいます。



もちろん、何も意味が無いという意味ではなく、

アンチエイジングための脳トレーニングという意味では意義があると思います。

瞬間記憶術では、例えばこんな覚え方をします。

まず、自分の知っている場所などを順番に並べます。

例)1東京駅→2銀座→3東京タワー→4六本木ヒルズ→5表参道→6明治神宮→7新宿都庁・・・・

次に、順番を含めて覚えます。

その後、これらの場所に新しく覚えたい内容をあてはめていくのです。

例えば、江戸時代(後期)の大きな枠組みを覚えるときは、

東京駅に征夷大将軍を、銀座に大義名分論を、東京タワーに王道思想を、

六本木ヒルズに官僚制を、表参道に家臣団を、明治神宮に幕藩体制を、

新宿都庁に株仲間・・・・といった具合になりますね。



それから、連想を考えます。

このときなるべく突飛なイメージをしていきます。

東京タワーのてっぺんに、巨大な王貞治選手が一本足打法で立っている、

のような感じですね。 

これで東京タワー⇒王選手⇒王道思想と引っかけて覚えるのです。

次に、六本木ヒルズに官僚制を結びつけて覚えるときには、

また違うイメージ連想を考えていきます。



なぜ問題かと言うと、瞬間記憶術で覚えるときには、

用語と用語に意味のつながり、理屈付けがないからです。

例えば、王道思想と家臣団には意味のつながりが無いということです。

意味のつながり・理屈付けとは、この例で簡単に言うと、

歴史上での意味として、

“王道思想”は“家臣団”を統率するためのバックボーンになっており、

また、“幕藩体制”は“家臣団”と“官僚制”のバランスが取れて

調和している状態であり、その結果商業も発展し“株仲間”が公認され・・・

というように用語と用語に意味の繋がりがあることです。



しかし、瞬間記憶術では、“王道思想”ד家臣団”、

“幕藩体制”ד家臣団”ד官僚制”は、それぞれの用語同士に

全く意味の関連性が無い暗記事項です。

理屈が無いものは当然忘れてしまいます。

これは脳のメカニズムから言っても当然です。

脳科学では、歳を経ると理屈の無いものから忘れていくといいます。



つまり、瞬間記憶術で無理な連想をして丸暗記した理屈の無い内容は、

脳の中で覚えている期間の優先順位も低いのです。

それが短期の記憶に終わる一因です。

瞬間記憶術をやっている人たちは、その場ですごい量を暗記することを

人前で示す割には、“今何の仕事をやっていますか?”と聞くと

“記憶術の学校をやっています”という人ばかりの印象です。

そして、その瞬間記憶の力を使って他に何かをできない理由はどこにあるのか?

となると、その記憶が長期のものとしてストックできるのではなく、

彼らは瞬間的かつ短期的に何かを頭に入れることのエキスパートだから、

ということになります。』




これが、試験勉強に向かない理由だったのですね・・・。

だから、「長期の記憶に残りやすい」ユダヤ式記憶術って

試験勉強に向いているんですね・・・。


>>ユダヤ式記憶術




0

 

試験勉強に向かない記憶術って?  ユダヤ式記憶術(松平勝男)効果
試験に役立つ記憶法でポイントになるのが

「思い出す力」「体系化された知識」「覚える理屈」

という事でした。



そして、それが

ユダヤ教のカバラ思想を発祥とする図式を使うユダヤ式記憶術

であるということをご紹介しました。


ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細

クリックすると元のサイズで表示します






では、一般的によく聞く記憶法や記憶術はどうなんでしょうね?

松平先生は、その事についてこのように話されています。




『「記憶術」と聞いて“怪しい・・・”

と思った人もいるかもしれません。

無理もありません。

残念なことに日本ではまともな評価を得ているとは言い難いですから。

日本で記憶術が評価されていない理由は主に2つ考えられます。



1つが、その誇大な広告表現。

もう1つが、実際の効果の低さに関わる問題です。


まず、誇大な広告表現について見てみます。


次のような広告を目にされたことがあるかもしれません。



例えば、

「たった15分で単語を2000個覚えられます!」

「250ページの参考書をたった3時間で丸暗記できます!」

・・・といったセンセーショナルな宣伝文句。

そして、怒涛のごとく続く

「成功体験者の声・声・声!!」 (笑)


 
人によっては、「もしかしたら自分にもできるかも・・・」

と思ってしまうのも無理はないかもしれません。



しかし、私の東京大学や東大大学院時代の同級生でも、

そんな神がかった技を身につけている人にはお目にかかったことはありません。

もし、この宣伝文句のような神がかった能力者を本当に輩出できるのであれば、

東大や京大をはじめ、司法試験や公認会計士の合格者は

そんな人たちでとっくに一杯になってしまっているでしょう。




もちろん、世の中に天賦の才を持った一握りの記憶の天才がいることは、

多くの脳科学者の研究でも明らかになっており、否定するわけではありません。


でも、一握りであるからこそ、学者の研究の対象にもなるわけです。



そして、日本で記憶術が評価されないもう一つの理由が、

実際の効果の低さに関わる問題です。

実は、今まで日本で紹介されてきた記憶術は、試験勉強に向いているとは言えません。

その理由は3つあります。』




その3つの理由が


■ 長期の記憶に残らない

■ 覚えたことを思い出しにくい

■ トレーニングの途中で嫌になる



ことだそうです。




では、なぜ、試験勉強に向いていないのでしょう!?


ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細


0

 

最強の記憶術の方法とは?  ユダヤ式記憶術(松平勝男)とは
それはズバリ!!

「ユダヤ教のカバラ思想を発祥とする図式を使うユダヤ式記憶術」

そう言っているのは、松平勝男先生です。


なぜなら、松平勝男先生は様々な記憶術の手法を使って

その最大の恩恵を受けたのが、このユダヤ式記憶術だったのです。


ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細

クリックすると元のサイズで表示します




なぜ、そう言い切れるのか!?

松平先生は、ご自身の体験を踏まえてこのように話されています。


『私自身、記憶することに関しては苦痛を感じた経験があります。

中学生の頃は、例えば社会科の「地理」が苦手でした。

教科書を読んでも、授業での語られ方も、

具体的なイメージが何一つ浮かばないものでした。

世界の地理などは、

“形も色も何一つ浮かばないものを言葉だけ念仏のように覚えても、

何の意味があるのだろうか?”

という印象を受けてしまい、覚えられなかったのです。


例えば、イワシの世界の漁獲量の1位、2位、3位の国を覚えさせられます。

そして、“グラフがこういう風にありますが、この国はどこでしょう?”

・・・などと言われても、“それがどうした?”という気になったものです。


毎日中学に通う電車の中で教科書を読みましたが、

全くといっていいほど頭に入りません。

まるで脳が拒否反応を示しているようでした。


いわゆる“丸暗記”は、私にはとてもできなかったのです。


地理に関しては、その後世界史を勉強してやっと興味を持って

覚えられるようになりました。

実は、世界史の方が地理について“理屈”がよく書いてあったのです。

また、大学の人文地理学で、科学的に理屈を伴って地理を考えることで

より好きになりました。


この経験からも、何かを覚えるには理屈が必要だと実感したものです。


このことは、私が自分で記憶術の体系を作り上げる際にも

重要な意味を持ちました。

記憶術の方法論自体に関しては、あるとき記憶術の本を読んだことが

きっかけで、いろいろと試すようになりました。

なかでも、ユダヤ教のカバラ思想やヘルメス学の影響を受けた

ユダヤ式記憶術は、大変強力な武器になりました。


私はたまたま哲学が好きだったので知ることができましたが、

日本ではまだ記憶術として紹介されていない方法論です。

しかし、“何かを覚える”ことに関してポイントとしてこれまで書いた

「思い出す」「体系化された知識」「理屈が必要」

どれをとっても、全てを満たすパーフェクトな方法でした。


私は大学受験の勉強から記憶術を使い、

その結果、

東京大学 法学部(文科T類)に合格し、その後、

東京大学 大学院(法学政治学研究科)にも合格し、

その後修士号を取得できました。


社会人になってからは、

合格率が10%程度の難関と言われる資格試験を

毎年いくつも受け一発で合格しています。


さらに、フランス語や中国語やエスペラント語をはじめ、

今では約40ヶ国語を話すことができます。

これはひとえに私が使ってきた記憶術のお陰です。


私自身、記憶術は様々な手法を実際に使ってきました。

もちろん、ケースバイケースで一番適切なものを使えばよいのですが、

中でも最も強力な方法はユダヤ教のカバラ思想を発祥とする図式を使う

ユダヤ式記憶術だと考えています。』


あなたは、この一つの図式を使った「ユダヤ式記憶術」に

興味はありませんか!?


ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細


0

 

ユダヤ式記憶術が試験に強い理由とは!?  ユダヤ式記憶術(松平勝男)効果
ユダヤ式記憶術がなぜ試験に強いのか?

ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細




その事について、松平勝男先生はこのようなエピソードを話しています。


『私は東京大学の大学院にいた時代、予備校で講師をしていました。

多くの生徒が「自分が本当に覚えられているのか自信が無いんです」

と不安に思っていることを知っていました。


黒板に書かれて説明を聞くと分かった気にはなりますよね。

あるとき休み時間に、世界史のある分野の知識を生徒に答えさせてみました。

生徒は一生懸命答えはじめました。

しかし、その解答には大事なところで抜けがあります。

すでに授業で学習した分野です。

もちろん彼も説明を聞けば“ああ、あのことか”と思い出せます。

ただ自分から思い出すことができないのです。


私は、予備校で三千人ほどの生徒に教えてきましたが、

同じような例は多く、受験生には、インプットする(頭に入れる)よりも

思い出すこと(アウトプット)ができない人が多いということを実感しました。


もう一つ分かったことがあります。

彼らは、ある知識と他の知識の間にあるべき

「関係性についての理解」が抜けているということ。


この時の世界史の例で言えば、その生徒は、イランとペルシャという

言葉の関係性が頭に入っていなかったために、

知識が分断され、全てを思い出せなかったのです。

もう少し広く言うと、体系化された知識が頭に入っていなかったのです。


これは重要な問題で、知識同士の関係性、さらに体系的な知識が

頭に入っていなければ、関係性などを問う問題に答えられないだけでなく、

そもそも何かを「思い出す」ことも難しくなるからです。


これまでに書いた「思い出すこと(アウトプット)ができない人が多い」と

「体系化された知識が頭に入っていない」ことは、

実は密接な関係があるのですが、

もう一つ、勉強の記憶に関して、必ず知っておくべきことがあります。』



つまり、このエピソードからも分かるように、試験に強くなるためには

思い出す(アウトプット)力が必要なことが分かります。

そして、思い出す力を身につけるには、インプット、つまり覚え方が大切なのです。


そして、

思い出すことが出来ない覚え方は物事の関連付けが出来ていない記憶法であり、

一方、思い出すのに強い方法が物事の関連付けをして覚えていく記憶法なのです。



これからも分かるように、ユダヤ式記憶術は物事を関連して覚えていく記憶法

であり、それが試験に強い理由のひとつでもあるのです。


ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細


0

 

ユダヤ式記憶術であなたも自分に自信が持てるようになれます。  ユダヤ式記憶術(松平勝男)効果
ユダヤ式記憶術を習得して活用することで、

あなたは、あらゆる試験に合格出来るようになります。

その事で、あなたは自分に自信が持てるようになり、

どんな事でも、前向きにチャレンジできるようになるでしょう。


ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細


クリックすると元のサイズで表示します




そのことが、何事にも代えがたい財産となるのではないでしょうか?


もしかしたら、今まで「なかなか覚えられない!」という

コンプレックスがあったかもしれませんね。

でも、これで解消できるのです。


このように、あなたがユダヤ式記憶術を身につけたことで、

あなたは、どんな分野でもその気になれば一定の時間内に

習得することが可能
となるのです。


もちろん、これは仕事にも役立ちますし、

大きな力を発揮します。

そして、あなたの力量は、会社の誰もが認める存在となるでしょう。


ユダヤ式記憶術には、そんな大きなメリットもあるのです。


ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細


0

 

ユダヤ式記憶術の本当の威力とは?  ユダヤ式記憶術(松平勝男)とは
ユダヤ式記憶術は受験生にとって最強の武器になる方法です。

確かに、そうなんですが・・・

実は、ユダヤ式記憶術の本質的な力と凄さは別のところにもあるのです。



それが、


1.試験に合格するだけでなく、社会で活躍できる方法

2.自分に自信を持てる

3.仕事で武器になる方法



という3つの効果なんです。



ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細


クリックすると元のサイズで表示します






では、ユダヤ式記憶術がなぜ、試験に受かるだけでなく

社会で活躍できる方法なのでしょうか?



それは、


@ 勉強して学んだことが長期の記憶に残る。

A 頭の中に論理体系を持っているため、応用が利く。

B 論点の抜けがない。



ということです。



このように、ユダヤ式記憶術を使い試験勉強すると本当の実力を

身につけることができます。

さらに、資格試験に受かった後、その分野の専門家として

活躍していこうとしたら、海より広く深い知識が必要になります。


その時に、ユダヤ式記憶術で身につけた本当の実力が

力を発揮してくれるのです。



では、「@の長期に記憶に残る」ことで

どのように仕事に役立つのでしょう。


例えば司法試験に合格したとたんに法律の内容を忘れてしまったら

当然仕事になりません!仕事で成果を出そうとしたら

勉強したことを長期的に記憶している必要があるわけです。



次に、「Aの応用が利く」ですが

このユダヤ式記憶術は論理だてた記憶法であるために

体系的に理論や理屈を覚えていきます。

そのことから、その論理の根底にあるすべての事象に活用できるのです。

つまり、学校の勉強だけでなく、日常生活においても応用範囲が広い

記憶法ということになるのです。



最後の「B論点が抜けない」ことについては

例えば論文などを書くときにその力を発揮します。

論文などでは、論理的な整合性を維持するために、自分の考えに

何が抜けているのかを自分でチェックする必要があるのですが、

ユダヤ式記憶術の体系図を使うとチェックが容易にできます。


ユダヤ式記憶術で使う体系図式は、もともと「世界がどのようにしてできたか」

を古代の人たちが抽象的な図式で説明したものです。

したがって、「何かが発展(成長)して何かに変化する」というような

内容を説明する(図式化する)のに最も適した図形であり、

また「調和の取れた状態」を表すことから「様々な要素が調和している」

ことを図式化するのにも適しているのです。


この図式には、ありとあらゆる要素がそこに含まれているので、

もれなく全分野を網羅することができるのです。


つまり、この図式を使うことで論理的な整合性を維持でき、

また論点に成り得ることも一通り押さえられているので、

抜けがなくなるのです。

 

 

このように、ユダヤ式記憶術は試験に受かるだけでなく、

社会で活躍できるためにとても役に立つ記憶術と言えるのです。


つまり、ユダヤ式記憶術には、試験という枠を超えた

大きなメリットがあるのです。


ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細



0

 

ユダヤ式記憶術は才能がなくても出来る!  ユダヤ式記憶術(松平勝男)方法
ユダヤ式記憶術は、試験に強い記憶術であると

申し上げました。


それは・・・


・覚えたことを長期間忘れない記憶術

・覚えたことを思い出すのに強い記憶術



そんな記憶術だからです。

そして、もう一つユダヤ式記憶術が試験に役立つ理由があります。


それが・・・


・特別な才能がなくても誰でも習得出来て実践できる


ことなのです。


ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細






では、なぜユダヤ式記憶術は、才能を必要としないのでしょう?


実はユダヤ式記憶術は、普段私たちがよく使っている

左脳(論理脳)を活用して記憶していきます。


だから、右脳を使う瞬間記憶術のような“ある種の才能”は

必要としないのです。


つまり・・・


ある程度論理力が発達している人であれば、

誰でも出来る記憶法なのです。



実は、脳は大人になってからは論理を使って記憶するほうが

効率的で、その記憶能力が最大に発揮されるとされています。


ユダヤ式記憶術は、その脳の性質を最大限に活用した

記憶術であり、それをシンプルな体系図を使って

記憶していくところに、誰でも出来る秘密があるのです。



しかも、この記憶術のやり方は、一度覚えてしまえば

一生使えます。


さらに、使えば使うほど、その能力は高まり、

試験だけでなく、社会に出てからの仕事でも力を発揮します。



もし、あなたが、自分の記憶に自信がないのなら

試験勉強に、このユダヤ式記憶術を取り入れて勉強してみませんか?


間違いなく、その効果に驚かれるでしょう・・・。


ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細


0

 

ユダヤ式記憶術は思い出すのに強い記憶術  ユダヤ式記憶術(松平勝男)とは
実際の試験勉強で役に立つ記憶の方法とは

どのような方法でしょう・・・。


それは、覚えたことが長期間記憶に残る方法。

そして、必要な時に思い出せる(引っ張り出せる)方法。

そんな方法ではないでしょうか?


そんな方法がまさしく「ユダヤ式記憶術」なのです。


ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細

クリックすると元のサイズで表示します




もし、あなたが記憶術を使って色んな知識を暗記したとしても

試験本番で思い出すことが出来なかったら・・・

何の役にも立ちませんよね!!

そんな記憶方法だったら、覚えるだけ無駄ではありませんか?


でも、必要な時に覚えたことを芋づる的に思い出すことができたら

試験で、力を発揮することができませんか!?


では、なぜ「ユダヤ式記憶術」は、

覚えたことを長期間忘れることなく必要に応じて思い出すことが

できるのでしょう・・・。


その第一の理由は、

ユダヤ式記憶術では、覚える事柄同士に

意味のつながり(理屈)を持たせて覚えていくからです。

そもそも大人の脳は(左脳の領域である)論理や理屈を扱うのが

得意にできているので、理屈があるものは無理なく思い出せるのです。

逆に言うと、何かを思い出すときは、

そこで理屈が無いと引き出せないものです。



そして、第二の理由が、

ユダヤ式記憶術の図式は“思い出すきっかけ”を

たくさん持っているからです。

ユダヤ式記憶術では物事を体系的に覚えていきますが、

その際に真に体系化して整理します。

その体系化の方法の中に、

様々な“思い出すきっかけ”が頭に入る仕掛けがあります。

ユダヤ式記憶術では、意味のある関連付け、

理屈のある関連付けがいくつも行われます。

記憶術的に言えば、“思い出すきっかけ”を

たくさん持っている図式と言えます。

だから、たとえ一つの関連付けを忘れたとしても、

ある知識は他の知識と有機的に、意味を持ってつながっているので、

その他の関連付けから、

思い出したいことを引き出すことができるのです。



さらに、第三の理由として、

ユダヤ式記憶術で使う体系図式は、

「抜けなく思い出せる図式」になっているからです。

覚えるときには体系化の方法も重要です。

最近は、トニーブザン氏の発案したマインドマップという手法を使って

知識を体系化して覚えることも流行っています。

しかし、この方法はアイディアを数多く出すのにはよい方法なのですが、

試験勉強で何かを体系化して覚えるのに使うと問題があるのです。

それは、自分の知識の中で、

“何か抜けはないか?”を

チェックできる機能が抜けているからです。

そもそも“抜けがある”ことに気づくことさえできません。

例えば、思い出さないといけない用語が7個あると分かっていれば

6個しか思い出せない時点で、残りの1個の抜けがあることが分かります。

しかし、マインドマップの方法で体系化をすると

全部で7個思い出す必要がある、ということが分かりません。

つまり、“知識の抜け”に気づけないのです。 

こうした問題を解決し、真の体系化を抜けなく行い、

また、抜けなく思い出せる図式を提供してくれるのが

ユダヤ式記憶術なのです。


これが、試験本番の緊張状態の中でも、抜くなく思い出せる

ユダヤ式記憶術の威力であり強さなのです。


ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細


0

 

ユダヤ式記憶術の特徴と方法  ユダヤ式記憶術(松平勝男)方法
ユダヤ式記憶術の特徴は


1.長期間忘れない方法

2.思い出すのに強い方法

3.才能が必要ない方法



これが、試験に強く、試験に受かる理由です。



ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細

クリックすると元のサイズで表示します





では、具体的に、ユダヤ式記憶術の方法は

どのようにして覚えていくのでしょう?



ユダヤ式記憶術は、試験勉強などの長期戦に必要な

長期間の記憶が可能になる方法として

知識を真に体系化する方法で覚えていきます。




では、真の体系化とはどのようなものでしょう・・・。

ただ単に表や図に整理して覚える事でしょうか?


いえ!違います。



真の体系化とは


“時系列や順番はどうなっているか、

原因と結果は何か、前後関係は何か、前提条件は何か、

対応関係(対立関係)は何か、均衡状態があるか、

発展関係が存在するか・・・“



といった知識同士の関係付けをし、秩序立てて整理することです。




つまり、知識同士の関係付けをし、秩序立てて整理することで

ものごとの間にある理屈を理解して覚える事ができるのです。


これが、ユダヤ式記憶術が覚えたことを長期間忘れない理由です。




これに対し、瞬間記憶術では

連想イメージで覚える方法を取るにしても、

用語同士の意味のつながりはありません。

いわゆる丸暗記に近い状態なのです。




あなたも経験がありませんか?

「丸暗記したことはすぐに忘れてしまった!」

というようなことが・・・



だから、ユダヤ式記憶術では、物事の関連付けをし、

理屈で理解して覚えるようにしていきます、

これが、長期間覚えていることに繋がっているのです。



ユダヤ式記憶術(松平勝男)>>詳細



0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ