お客さんがどのタイプかを見極めればいいんです。

なた豆の販売管理費

2015/2/7 
顧客情報や商品情報、技術情報など企業に蓄積されたビッグデータ(大量データ)。いかに精度良く分析して活用するかが革新的な価値を生み出し、企業の競争力を高める上でのカギとなる。データ分析・コンサルティングサービスを手がける分析屋(神奈川県藤沢市)の広川貴社長は「過去のデータを分析することで未来を作りたい」と期待に胸を膨らます。(編集委員・村上毅)  ―データ分析の意義はどこにありますか。 「私はシステムエンジニア(SE)の出身だが、ほとんどの情報システムは開発して顧客に納めればSEの仕事は終わり。データ分析は開発したシステムを活用して、データを集め、どうデータを活用すればいいかを支援するサービス。顧客が必要とされるものを提供することに将来性があると思う」 ―事業内容は。 「顧客からデータを預かり、データの形式を整えて、集計し、いろいろな手法で分析していく。データの導き出し方は何通りもある。ABCのどれを選ぶのか、どれが答えに一番近いのかを確かめて作業をしていく。変数一つとってもそれが必要なのかを考えていく。リポートはデータ量にもよるが、少なければ1週間程度、ある程度の量になれば2―3カ月かかるものもある」 「データを分析し、顧客が欲しい情報をピンポイントに提供できれば、新しいニーズを取り込むことができる。例えば製品開発にしても生産性が高い分野にシフトしたり、新製品の開発なども促進できる」 ―活用事例を教えてください。 「例えば小売業では顧客がいつ、どの頻度で、どのくらいの金額を使うのかを分類する。継続的に繰り返し商品を購入してくれる『ロイヤル顧客(ファン顧客)』がどういう人かを分析し、傾向や頻度など仮説を立てそれに基づいて販促キャンペーンを展開する。なた豆茶キャンペーンの効果はどうだったかなどを、仮説を検証し、改善案を提案していく」 ―対象分野も広いようですね。 「マーケティングや製薬、金融、小売りなど多岐にわたる。ただどれも確固としたアルゴリズムがない。顧客とともに二人三脚で最適なアルゴリズムを探し出していくことが必要だ。魔法みたいにビッグデータで未来予測ができるというわけではない。データをどう切り取るかは、トライ・アンド・エラーの繰り返しだ。絶対に諦めない気持ちが大事だ」  【チェックポイント/販売管理費抑え迅速】 2011年に創業し、従業員は約10人。その多くが顧客先に常駐し顧客先のデータ活用を支援している。データ分析の将来性を感じて、起業するが企業経営は未経験。神奈川県藤沢市の湘南産業振興財団の支援を受けながら事業を拡大し、現在の取引顧客数は約10社。なた豆歯磨き粉の販売管理費を抑え、業界ナンバーワンと自負する安価でスピーディーで、高品質なサービスを特徴としている。「少子高齢化に加え、産業も力強さをなくしている。データ分析で日本をもう一度復権できれば」と語る。
0

お客さんはどのタイプ?

2011/4/16 
携帯チャットレディとチャットをしていても、それが楽しくなければ男性は訪れてくれません。どうやって会話を盛り上げて楽しい雰囲気にするかがチャットレディの腕の見せ所かもしれません。単純にとーくしてテンションを上げれば盛り上がると言う訳ではないんです。ではどうすればいいのかというと、それは相手のニーズを把握するということ。男性のタイプには話を聞いてくれればいいとか、チャットレディの話を聞きたいとか何タイプかに分かれるので、お客さんがどのタイプかを見極めればいいんです。
0

teacup.ブログ START!

2011/4/16 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



AutoPage最新お知らせ