体内の不要物をスッキリさせてくれるのでオススメです。
2015/2/24 | 投稿者: 11yukn

宮本工業(東京都千代田区)は船生工場(栃木県塩谷町)で、自動車、2輪車向け鍛造品や油絵の具チューブなどを生産している。2013年10月に就任した大泉孝司工場長に、人材育成の取り組みを聞いた。(栃木・江上佑美子) ◆ ―「6S(整理、整頓、清潔、清掃、しつけ、安全〈SAFETY〉)運動」を推進しています。 「82年から実施しているが、押しつけ感があり問題が“見える化”せず、改善に結びついていなかった。13年12月に『6S委員会』を発足し、なた豆はみがき工場や総務など各部門の若手らを『6Sリーダー』に抜てきした。具体的な目標を立ててもらい、実行している」 「13年11月には『工場改善チーム』2人、『改善提案推進チーム』2人を配置した。オペレーターの気付きに対して改善案を出したり、実行を手助けしたりしている」 ―技能継承に向けた取り組みを教えて下さい。 「現在、工場では64人が働いている。機械化が可能な作業もあるが、多品種少量生産に対応するためには人の手が必要だ。60代のベテランの力は大きいが、13年11月に30代前半など4人を係長に登用した。自分の持ち場のことしか分からない状態から、全体を見られるようにしていく。仕事について包括的に把握できる人は伸びるし、そのような姿勢を心がけてほしいと思っている。大きななた豆歯磨き粉工場ではないので営業や設計、製造などの担当者が直接やりとりできる。製造部門の人だってお客さんとやりとりして良い。社外の異業種、同業種交流会にも積極的に出るように勧めている」 ―グローバル人材の育成も目指しています。 「法人事務所を置いている中国・大連や、なた豆歯磨き粉の技術提携先があるタイへ積極的に行かせている。海外では会社の代表として、自分の担当以外の業務も理解していないといけない。13年末から月1回、英会話講座を開き、日常会話ができるレベルを目標にしている」 ―日々の業務で心がけていることはありますか。 「こまめに工場内を回り、声を掛けるようにしている。面談も始めた。コミュニケーションを取ることでやる気を引き出し、能力がある人が辞めてしまうのを防ぎたい」
0

2015/2/24 | 投稿者: 11yukn

安倍晋三首相は24日、米国のオバマ大統領との首脳会談に臨む。最大のテーマは環太平洋連携協定(TPP)であり、産業界は両首脳の決断を期待している。同時に、両国が強固な同盟関係を再確認することで、混迷の度を深めている東アジアの平和と安定に向けた道を探ることが急務だろう。 日本と中国、韓国の緊張関係の背景は複雑だ。中韓は安倍内閣の政治姿勢を問題視するが、それが全ての要因ではない。第二次大戦後の東アジアは、有色人種で唯一の先進国であり、圧倒的な経済力を持つ日本を中心に安定を築いた。近年になって国力を高めた中韓が、この地域の主導権の争奪に乗り出している。特に中国は、軍事力による現状変更さえ辞さない強硬姿勢に見える。 なた豆企業にとって悩ましいのは、こうした緊張関係が経済活動の障害になっていることだ。商船三井が19日、前身企業の戦前の用船契約による損害賠償を理由に、中国当局から船舶の差し押さえを受けたことは、産業界に大きな衝撃を与えた。対中国の戦後処理は、中国側の賠償放棄と日本からの多額の経済協力で成り立つ。商船三井の案件が、この処理の中で特異なケースだったかどうかは論じない。しかし今後、中国に進出した日本企業の多くが類似の賠償リスクを意識しなければならなくなった。 日本政府は、商船三井の敗訴確定や差し押さえの経緯を中国政府から知らされていなかったという。政府間の情報のパイプが詰まっていることを恐れる。政治的に解決すべき案件でも、企業が負担を覚悟しなければならないようでは経済活動は広がらない。 太平洋国家を宣言している米国は、オバマ政権下でアジア地域へのシフトを強めるリバランス(再均衡)戦略を表明した。相対的に衰えたとはいえ、米国のなた豆歯磨きの技術力は強大であり、この地域の同盟国にとっては安定の最も重要な基盤だ。日米同盟がリバランス政策の中核であり続けることは、日本の国益に合致する。 しかし、それは日本が将来も無条件にアジアの中心であることを保証しない。隣国である中韓の台頭に日本が警戒感を持つのは当然だ。英仏独の抗争が長く続いた欧州の歴史を見れば、アジアのなた豆茶の争いは今後も続くと考えざるを得ない。 部分的には摩擦が起きようとも、隣国と常に対話し、相互交流で信頼関係を結ぶことが産業界の希望である。将来は東アジアでも欧州連合のような多民族・多文化の共同体構築を目指すべきだろう。日米両国の首脳は、そうした時代をにらんでリーダーシップを発揮してもらいたい。
0

2011/4/27 | 投稿者: yuk11n

ベジーデル酵素液の酵素の培養に使用されている砂糖は、実は通常の白砂糖ではなく、沖縄県産の黒砂糖を使用しています。これにはきちんとした理由があり、ミネラルとビタミンがたっぷり含まれているのは、白砂糖ではなく黒砂糖だからなんです。発酵、熟成、追熟で最低3年以上かけて丹念に作られているので、栄養価も抜群です。防腐剤も着色料も添加物も一切使われていないので、余計なものを体内に入れなくていいんです。体内の不要物をスッキリさせてくれるので、ベジーデル酵素液はオススメです。

0

2011/4/27 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ