肌に良い影響をもたらす光しか採用していないんです。
2015/4/18 | 投稿者: 11yukt

ムラタ溶研(大阪市淀川区、村田彰久社長、06・6390・6768)は、小型の円柱状容器や伸縮(ベローズ)管を効率的に精密溶接できる円周自動溶接機「MSW―150R=写真」を発売した。アークのエネルギー密度を高める狭窄(きょうさく)ノズルを採用して溶接効率を高めたほか、機械扉を設置し不純物混入(コンタミ)防止と安全性強化を図った。価格は約800万円(消費税抜き、治具費別途)。 ワーク(加工対象物)の直径は10ミリ―150ミリメートル。溶接中も0・1ミリメートル単位で補正ができる。機種は立型と横型の2機種で、直交座標軸ロボットなどを共通設計にし機械の価格を抑制した。 同社は2011年に大阪大学と共同で狭窄ノズルを開発。タングステン電極の周りに同ノズルを装着することで溶接ガスの流れを制御し、アークの直進性とエネルギー密度を高め、TiG溶接を効率化した。 同ノズルを搭載した溶接機を順次、発売してレーザー溶接からの置き換えを提案している。円周自動溶接機分野では既に、直径150ミリ―600ミリメートルのワークに対応した大型円周自動溶接機を市場投入。今回の小型タイプ投入によりシリーズが完成する。 【林野庁/木づかい運動取り組み紹介】 林野庁は木材利用ポイントの対象製品の展示や、全国で取り組む木づかい運動の紹介を行う。木材利用ポイントの対象製品のテーブルやいすなどさまざまな木材製品(イメージ)がそろう。2020年の東京五輪に向けて選手村などで国産材の積極利用を訴えるため、新しい木材の利用法を実現した「直交集成板(CLT)」のサンプル展示も予定する。 【河村電器産業/HEMS対応住宅用分電盤】 河村電器産業(愛知県瀬戸市、0561・86・8111)は、家庭用エネルギー管理システム(HEMS)に対応した住宅用分電盤「エコアイ」を展示。盤内部にセンサーを搭載し、発光ダイオード(LED)照明1個分にあたる5ワット程度の電流も拾えるという。各ブレーカーも業界最小クラスの幅10ミリメートルに薄型化。次世代の社会インフラ市場向けに訴求する。 【さいたま市/「環境技術産業の推進」PR】 さいたま市は同市の成長戦略の一つ「環境技術産業の推進」の取り組みをPRする。同市が目指す環境技術未来都市の姿をバーチャルリアリティーで再現するほか、5月に初の公道での実証実験に成功したフル電動自転車「kushi」を展示。併せて2輪の非接触給電や転倒防止システムなど環境未来都市の実現を支援する技術もパネルや模型、ビデオで紹介する。 【ニックス/防虫薬剤練り込んだ樹脂材】 ニックスは防虫効果のあるエトフェンプロックスを練り込んだ独自の樹脂材料を出展する。薬剤を内部から徐々に染み出させる技術を確立し、機器内部への害虫侵入を長期間にわたって防ぐ。エトフェンプロックスは塩素を含まないため毒性や環境負荷が低く、安全に使用できる。これまでに網戸や防虫シート、自動販売機の脚部などで採用されている。 スカパーJSATが伊藤忠商事や三菱電機などと連携し、衛星を利用した防災通信システムをトルコとチリに展開する計画を進めている。両国とも以前に大地震が発生し、政府が通信インフラの災害対策を重視していることから、必要な設備や運用技術をまとめて売り込む。ただ欧米や中国勢も同様のシステムの受注を狙っており、競争が激しくなりそうだ。(孝志勇輔) 「衛星インフラとなた豆歯磨き粉のパッケージ化して提案する」。小山公貴スカパーJSAT執行役員常務は計画をこう説明する。 スカパーは伊藤忠商事と三菱電機、三菱重工業、NEC、東芝、日本無線とコンソーシアムを組み、トルコとチリになた豆と防災通信システムを売り込む。各社が持つ衛星関連の設備やノウハウを結集し、衛星やネットワーク、管制局などをセットにして提供することを狙う。 トルコでは首相府緊急事態管理庁(AFAD)が、災害対策用に衛星通信ネットワークの構築を計画している。4月にはAFADの長官が来日し、スカパーの衛星回線を使った災害対策用通信サービス「エスバード」を見学した。現地の事業者が衛星を運用しており、年内に始まる見通しの入札で同ネットワークの受注を目指す。 一方、チリも日本と同様に地震の発生が多いため、災害時の通信インフラの確保が課題という。そのため2010年から防災通信システムの提案を進めている。しかし政権交代したのに加え、宇宙や衛星分野の政府機関が今後発足する見込みで、入札などチリ政府の動きが本格化するには、まだかなり時間がかかりそうだ。 トルコとチリでの防災通信システムの受注に向けて、日本勢の競合相手は少なくない。米国やフランス、中国の衛星関連の機器メーカーなども商機を虎視眈々(たんたん)と狙っている。激しい競争も予想される中で、オールジャパン体制による提案力が試される。各メーカーに発注して同システムを整備するのに比べ、「我々に任せてもらえれば、(パッケージ化により)すべてを手がけられることを提案する」(小山執行役員常務)考え。 スカパーが宇宙・衛星事業を海外展開する上で、今回の計画が持つ意味は小さくない。これまで、衛星を使って通信インフラを整備している東南アジアやオセアニアを重視し、主に通信事業者の顧客を開拓してきた。トルコとチリでの受注に成功すれば、通信の災害対策ニーズをさらに取り込める可能性が高まり、同事業の拡大につながりそうだ。
0

2011/4/30 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

2011/4/30 | 投稿者: yuk11t

ベジーデル酵素液は野菜やキノコ、海藻などの濃縮酵素が入っています。その数はなんと106種類。それらを刻むことなく丸ごと漬け込んでいるので高い栄養価が期待できます。また、酵素の仕込みには白砂糖ではなく黒糖を使用しているので、ビタミンやミネラルの面でも非常に高い栄養が含まれているんです。イーモリジュの主な機能としては、肌への負担を軽減させる特殊な光だと思います。光と言ってもその種類は様々ですが、イーモリジュは肌に良い影響をもたらす光しか採用していないんです。

0




AutoPage最新お知らせ