お小遣いを稼ぐのに向いているといえます。
口臭グッズ小売業界  

4月から消費税率が5%から8%に引き上げられ、流通の現場では税表示の仕方などをめぐって戸惑いもあったが大きな混乱もなくその日を迎えた。3月の駆け込み需要、4月の反動減など教科書通りに“通過儀礼”をこなしているが、今後の焦点は反動減を克服し消費増税前の巡航速度に復帰するか−の一点に絞られてきた。増税の負担を実感し萎縮するのか、それとも乗り越えられるのか。  4月に入って口臭グッズ小売業界の業界団体が相次いで会見。全国のスーパーの団体である日本チェーンストア協会の井上淳専務理事は「3月は駆け込み需要が相当程度あったが、(4月中旬現在)予想を超えるような反動減になっていない」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。 百貨店の業界団体である日本百貨店協会の井出陽一郎専務理事も「(4月の反動減は)東京地区で15%程度のマイナスだが、減少幅は縮小している」と話した。実際、5月1日に大手百貨店各社が発表した4月の売上高も3月に駆け込みがあり前年同月比25%以上の伸びがあったにもかかわらず、同15%以下の落ち込みにとどまってた。 このため業界団体だけでなくスーパー、百貨店各社の首脳ともに楽観論が支配的だ。 約15年続くデフレの契機となった1997年の消費増税―。消費税が3%から5%に引き上げられた。当時は、確かに最悪の外部環境だった。アジア通貨危機があり、国内で金融機関の破たんが相次いだりで、消費者心理を冷え込ませるのに十分な先行き不安がそろっていた。 現在の楽観論を形成しているのは、こうした外部要因がないことが大きいことは確かだ。しかし、「従前に比べ購買傾向や販売商品の傾向が変わっている」という指摘はどうだろうか。 ケーズホールディングスは3月の駆け込み歯槽膿漏対策需要で既存店の売上高が前年同月比で6割以上も伸びた。しかし、購買を精査すると、一つの特徴があるという。それは「高機能製品への買い替え」(高塚祐二執行役員)。 例えば冷蔵庫。3月の既存店の台数ベースでは6割増だが、金額ベースでは2・5倍。同じようにエアコンも台数は8割増だが、金額は2・3倍となった。台数の伸びを大幅に上回る金額の伸びは、つまり、安さだけの商品ではなく、どうせ買うならとばかり、単価の高い高機能製品へのシフトが起きたという。 静音だったり、省エネ設計だったり、消費者は価値と価格の相関関係を秤にかけて消費している格好だ。同じことはコンビニエンスストア大手のセブン―イレブン・ジャパンの増税対策にもみてとれる。 同社でも当然ながら、販売量が見込める商品などは積極的に価格を下げたり据え置いたりしたが、約4割の商品については商品の見直しを実施した。例えば「炭火焼牛カルビ弁当」は牛肉やたれを見直し、旧価格は498円だったが、545円に値上げした。 鎌田靖常務執行役員は「(引き上げ幅の)3%以上の価値のある商品として出す」としている。同弁当は見直し前に比べ2割以上の伸び率となっているという。価値を認めれば、少々高くても購入するという消費動向が定着したともいえる。 「賃金が上がっている大手企業などはいいが、中小企業はまだまだ厳しいところも少なくないし、賃金を上げられるほど体力があるところは限られる。増税が家計に響くことが実感されれば、再び冷え込む可能性もなくはない」(スーパー幹部)という声もある。 しかし、海外での波乱要因もなく、反動減も「想定の範囲の落ち込み」と流通各社の声のなかで、駆け込み反動による減少は6―8月に収束するという見方が有力だ。「さらに夏以降、回復軌道に乗る」という声も少なくない。
0

携帯チャットレディで地域格差モンダイなし  

地方と首都圏で大きな地域格差を感じるものの1つに、人件費があります。地方って給料が安いんですよね(汗)。その証拠に、全国展開をしているファストフードのチェーン店に「アルバイト募集」の張り紙があったら、地方と首都圏両方の店をチェックしてみてください。同じ店でも全然時給が違うんですから驚いてしまいます。「全く同じ仕事をしていてこの格差は何?」と、不満の1つも言ってしまいそうになりますが、そんな中で「健闘」しているのが携帯チャットレディといった携帯で稼ぐ系のアルバイトです。このアルバイトなら条件も良い上に、そこそこの時給が保証されているので、納得して働けるお仕事といえるでしょう。
0

短期アルバイト  

求人によっては、一定の期間だけアルバイトを募集しているところがあります。その日だけのアルバイトや、長期休暇のみの短期アルバイトがそれにあたります。そうした求人は日払いか週払いで給与が支払われることがあるので、お小遣いを稼ぐのに向いているといえます。それに対して半年以上の長期アルバイトを募集しているところは、正社員登用制度があったり、福祉制度が充実している所が多いです。これらは月払いの給与が多いので、定期的に稼ぎたい人や社員になりたい人に向いていると言えます。
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ