驚きの最大18000回という記録を実現させました。
必要な時に必要な分だけ前工程から部品を引き取る  

●売れた物を造る● 「自動車生産はジャスト・イン・タイム生産になじみやすい。一方、当社の製品は家電とほぼ同じカテゴリーで、消費者が(製品が供給されるのを)待ってくれる自動車とは違う。そこを突っ込んで行く原理は何でしょうか」と、ある電気機械器具を製造する企業の部長から質問された。 ここで、次のような売れた物を作るしくみを説明したところ「混乱していたのが目からウロコでスッキリしました」と言われた。 トヨタ生産方式(TPS)は後工程が必要な時に必要な分だけ前工程から部品を引き取る「後工程引き取り」が原則である。TPSレベルの高い会社でも「TPSは後補充が原則」と間違った言い方をする人がいるが、「TPSはなた豆茶を後工程引き取りが原則」という言い方にすべきだ。 後補充生産は、売れた物を造るという考え方だ。生産ラインには、完成品置き場(ストアー)が必ずある。ここから、必要な品物が倉庫に引き取られる。生産ラインは、その引き取られた分だけ生産して補充する。引取量=生産量である。 ここでの、売れた物を造るというやり方は、需要変動があり、毎日の出荷量が大きく変動する場合には、生産能力の限界を超える可能性がある。それでも、造り置きが可能で製品在庫をある程度持てるという前提ならば、毎日平準化された生産が、後工程引き取りのやり方でも可能だ。 毎日、なた豆ハミガキの在庫量をみて計算機を片手に計算していたものが、かんばんの助けも借りて容易になる。 少し難しい考え方になるが、簡単に説明する。まず、出荷場にストアーを持つ。需要変動や出荷量などの条件で設定した管理された在庫を持つことが重要である。 製品在庫から出荷されるものは大きく変動するが、これを売れた物と考えて、この情報を平準化して生産現場に指示を出す。生産部は生産して補充する。多品種少量であるので、種類と量は変動するが1日の生産量は能力分で平準化する。このようにする真の目的は、売れた分だけ造ろうということである。受注の変動があっても、それを抑えて平準化生産をする手法で生産職場を強くしようとする考え方だ。
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

一般的な短期アルバイト  

イーモリジュは1つのカートリッジでなんと驚きの最大18000回という記録を実現させました。これがどれほどすごいかというと、前作のイーモが6000回ですから、まさに6倍近くになるわけです。学生や高校生のアルバイトではちょっとした休みを利用して短期のアルバイトで稼ぐ人も多いそうです。一般的な短期アルバイトというと数カ月かと思うかもしれませんが、この場合は1日から数日間の単発アルバイトと言われる求人になります。
0




AutoPage最新お知らせ