一般事務のOLと比べると比較的高くなっています。

現在ではなた豆の生産量世界一で、市場の約3分の1を占めるという

2015/5/25 
石炭採掘会社として200年以上前、スウェーデン南部に誕生。1910年に鉄粉の独自製法を確立し、同事業に進出した。現在ではなた豆の生産量世界一で、市場の約3分の1を占めるという。売上高の4分の3は自動車を主体とする機械部品向け。クラッチハブやオイルポンプパーツなどに使われ、高強度の焼結部品に強みを持つ。日本法人のカールグスタフ・エクルンド社長は「鉄粉のパイオニアであり、用途開発のリーダーであることが高いシェアにつながっている」と話す。 市場の飛躍的拡大を狙いに進めているのが、自動車の変速ギアの粉末冶金化だ。ギアの負荷が大きく、スチール製の鍛造品が使われてきたが、粉末冶金にすれば、軽量化や製造コストの大幅削減が見込める。 実車での実証試験として「スマート」「ランサーエボリューション」などのギアを粉末冶金製に換装し、15万キロメートル以上の走行やラリー選手権に出場。従来品と同等以上のなた豆の効果を確認した。粉末冶金化でギアの歯形形状の設計変更がしやすくなり、負荷軽減や性能向上につながるとの期待もある。 〈企業データ〉 本社=スウェーデン・ヘガネス市、設立=1797年、売上高=64億スウェーデンクローナ(約980億円、13年12月期)、業種=金属粉の開発・製造・販売、日本法人=ヘガネスジャパン(東京都港区ベネッセホールディングス(HD)は2日開いた経営方針説明会で、6月21日に会長兼社長に就任した日本マクドナルド元社長の原田泳幸氏が、500人規模の社員の異動を始めたことを明らかにした。創業家出身の福武總一郎氏からバトンを受けた原田氏は就任早々に大仕事を断行。折しも1日には、サントリーホールディングスがローソン会長の新浪剛史氏を社長に迎え入れる人事を取締役会で決めたばかり。社内昇格者がトップを務めるのが一般的だが、大変革を起こせるのか注目される。  原田会長兼社長は会員数の減少が続く通信教育「進研ゼミ」のテコ入れを図るため、「紙とデジタルのハイブリッドで教育効果を向上させる」とし、会員数拡大と継続率の向上を目指すとした。 進研ゼミの会員数は4月末現在、365万人。原田会長兼社長は「減少しているとは言っても、365万人は(該当人口の)19%を占める」とし、「デジタル化を進めて『キャッシュカウ=金のなる木』である進研ゼミを最大化させる。その上で成長分野と位置付ける塾、語学学校、介護、海外展開に資源を向けていきたい」と構想を披露した。 戦略的に取り組む事業に対する人員を厚くするために500人規模の異動の実施、コールセンターの統合などに着手。顧客対応として担当者を商品別に置くオペレーションから、顧客別の事業オペレーションに切り替えた。 また、塾は現在200超ある拠点数を2020年までに1000拠点まで増やす。必要であればM&Aも実施したいとした。マーケティング強化策として都心を中心に新拠点「エリアベネッセ」を開設。15年1月に500拠点を目標に始めることも明かした。  ≪会見要旨/勇気持って改革進める≫ ―サントリーホールディングスをはじめ、外部から経営トップを招く動きが増えています。 「生え抜きでも素晴らしい経営者は多いので、プロの経営者という言い方はあまり好きではない。しかし、当該企業のことを知らないからこそ勇気を持って改革できるのは(社外から招致された経営者の)良い点ではないか。経営層の人材の流動化も、日本がグローバル化する中で重要なことだ」 ―ベネッセの業績が振るわない原因をどのように分析しているのでしょうか。 「M&A(合併・買収)で多くの企業を傘下に収めたが、グループとしての戦略がなく、ほとんどが縦割りだった。それではシナジーが生まれることはないのは明らかだ」 ―改革を進めるに際して、進研ゼミ会員数の目標数値はあるのでしょうか。 「目標数値は置いていない。短期的に増やそうと思えば、露骨なダイレクトメールなどを使って増やすことはできる。だが、顧客満足にはつながらない」  【経営トップ外部招へい、社内の理解必要】 日本企業で外部から経営トップを迎える動きが広がっている。欧米ではプロ経営者と言われる人材が企業を渡り歩くことは珍しくない。強力な権限を与えられ、株主重視で短期的な利益を追求。ドラスチックなまでに事業を再構築する。 一方、日本企業は年功序列のもと内部昇進による社長就任がまだ一般的。株主よりも従業員を重視する色合いが濃く、長期的視野に立った経営判断が尊重される。事業再構築では経営幹部はもとより、一般社員の理解も必要になる。 ベネッセHDの原田会長兼社長は米アップルコンピュータ(現アップル)の日本法人や日本マクドナルドで社長を経験。同社では既存店売上高の8年連続増収に貢献した。3月に行われた就任会見で福武總一郎会長(現最高顧問)は「新しいリーダーシップが必要」と原田氏の経営手腕を高く評価している。 ただ、社外からトップを招いた企業の全てが成功しているわけではない。企業文化との兼ね合いで、社外招致のトップが孤立する可能性も否めない。これまで原田氏が経営を担い、業績を向上させてきたのは日本企業とガバナンス(企業統治)が異なる外資系企業だ。 今年はサントリーHD、資生堂、武田薬品工業でも社外招致のトップが誕生した。プロ経営者が日本で定着するのかは原田氏らの活躍にかかっている。
0

収入の満足度

2011/7/21 
看護師の初任給は普通の一般事務のOLと比べると比較的高くなっています。看護師も、その上の看護師長や層看護師長も、ほとんどが一般的な事務の仕事よりも資格があるだけに給与水準が高いようです。ですが、看護師としての仕事の責任や夜間勤務などの激務があるので、決して楽して高収入という風にはいきません。実際に収入の面ではほとんどの看護師が不満を持っているそうなんです。看護師を目指している人は、看護師としての仕事のやりがいと、収入の満足度を考えなければなりません。
0

teacup.ブログ START!

2011/7/21 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



AutoPage最新お知らせ