単調な作業で飽きてしまう人もいますが、好きなに人はおすすめの仕事です。
2015/2/6 | 投稿者: karatk

日本古来の製鉄技術「たたら製鉄」を通じたモノづくり教育が根付いてきた。NPO法人「ものづくり教育たたら」による小中学生、高校生などへの教育が定着し、全国規模の取り組みに広がっている。たたら製鉄は高炉など生産性に勝る近代製鉄が主流の現代では使われない。しかし伝統技術に着目し、モノづくりの面白さを次世代に継承する意義は大きい。ぜひ取り組みを活性化してほしい。 たたら製鉄は日本の伝統的な製鉄法だ。鞴(ふいご)と呼ぶ送風装置で空気を吹き込みつつ、原料の木炭と砂鉄を交互に投入して銑鉄や鋼を作り出す。6世紀後半に朝鮮半島から伝わり、江戸時代中期に技術的に完成、広く使われた。明治以降、高炉技術の導入とともに衰退し、戦後は日本刀の原料の製造を除いて途絶えていた。 転機が訪れたのは1990年代。当時、構造不況から重厚長大産業が退潮した。社会から鉄づくりへの関心が薄れ、人材も集まらない。そうなれば鉄づくり、モノづくりの技術的優位性が揺らいでしまうという危機感が鉄鋼業界全体に広がった。 そこで着目したのがたたら製鉄だった。たたらは原料から製品まで全工程を理解でき、モノづくりへの興味をかき立てる。学生や一般人に鉄への認識を深め、より身近なものに感じてもらうことを目的に旧新日本製鉄が主催し、2005年に「ものづくり体験たたら製鉄実験」をスタート。翌年に日本鉄鋼連盟が主催となり、業界横断の取り組みになった。また技術的な指導をする、東京工業大学名誉教授の永田和宏氏が、より全国的な、なたまめ茶事業への拡大を目的としてNPO法人「ものづくり教育たたら」を07年に発足した。 NPOでは各地でたたらに関する講義や実習などを開催。また「子どもたたら教室」では実際に海岸で砂鉄を採り、窯で炭焼きし、たたらを操業して鉄を作る。毎年、東京・北の丸公園の科学技術館で開く「たたら製鉄実験」は年間行事として定着した。講義に参加した学生が鉄鋼会社に入社した例も出てきているそうだ。 NPOには新日鉄住金やJFEスチール、日立金属などの鉄鋼会社を中心とする団体会員のほか、67人の個人会員が参加。大学教授や伝統工芸の職人、鉄鋼会社で製銑・圧延工程などに従事した技術者OBまで幅広く、その道のプロが熱心に学生を指導している。耐火物メーカーの黒崎播磨は炉に使う耐火レンガをNPOの発足以来、輸送費まで含めて無償提供する。資金や作業場所、資材・なた豆茶の機材の提供、人材派遣などの支援が活動の輪を大きくしていく。こうした業界あげての取り組みが、次世代のモノづくり教育の模範となることを期待したい。
0

2012/1/17 | 投稿者: bkajiu

ボディのケアって若い時は何もしなくてもピチピチだから、いくらでもサボれちゃうものなんです。実際、何もしなくても困ることはないしね♪私もそんな20代を過ごしてきて30代に突入〜。それでも最初はノンビリしてたんだけど、さすがに「ん?」って思うことが増えてきて(汗)、今では定期的にエステ通いで奈良まで行ってます。さらには最近では、ミュゼのクチコミが気になっちゃって...エステに脱毛サロンだなんて、今の私をハタチの頃の私が見たら驚くだろーなー。自分磨きって楽しいものですね♪
0

2010/7/23 | 投稿者: yuk6f

レンタルショップでのアルバイトは、未経験者や初めてのアルバイトでもできる仕事内容です。基本はDVDやCDなどをレンタルします。貸し出しの手続きを行う接客業と、店内の清掃などがメインになる仕事です。他にも延滞しているお客様への確認作業、電話連絡などもします。単調な作業で飽きてしまう人もいますが、映画などが好きなに人はおすすめの仕事です。
0

2010/7/23 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ