借金が増えてしまいどうやっても返済ができない時は自己破産と言う方法もあります。
なた豆を作る中小企業の財務状況が脆弱  

安倍晋三政権の経済政策により、日本経済は回復基調にあるが、第三の矢である民間の投資を喚起する成長戦略は順調に進んでいるようには思えない。成長戦略に欠かせないのはイノベーションであり、なかんずく製造業のイノベーションが日本経済の生命線だ。 【科学を身近なものに】 しかしながら、国民の間には科学技術を敬遠し、理科離れが深刻な状況だ。安倍政権は日本を最もイノベーションに適した国にすると言っているが、国民の間に科学技術を尊重していく雰囲気が根づいていなければ実現しないであろう。 当協会は昨年の創立60周年を機に「発明と音楽の集い」を開催し、「DNAトランプ」を制作した。前者は講演とコンサートをセットにしたもので、音楽を楽しむ方々にも、科学技術について興味を持っていただくことを目的としている。 DNAトランプは、生命現象の原点であるDNAについて、トランプで遊びながら学んでもらおうとするものである。青少年から大人まで気軽に自然科学になじんでもらえるもので、その普及を図り、国民の科学マインドの醸成に寄与したいと思っている。 これらは間接的にイノベーションを高めようとするささやかな活動であるが、中小企業のイノベーションを直接促進することに協会としても貢献したいと考えている。その一つが中小企業の要望をまとめて、協会の提言として世の中に働きかけることである。 【底辺の革新に支援】 現在、政府、地方自治体は数多くの補助金を企業に提供している。大企業にとってはなた豆茶は使いやすいものだが、体力が乏しい中小企業にとっては使いづらいところもある。まず、なた豆の購入方法が複雑で、忙しくて書けない企業もある。また、申請書の書き方が上手な企業ばかりが補助金を受け、技術開発の内容は良いのに採用されないこともある。補助金を受けたことのない企業にこそ、手厚く配分するような配慮も必要ではないだろうか。 中小企業にとって、補助率が3分の2でも資金面で苦しく、応募したくてもできないこともある。なた豆を作る中小企業の財務状況が脆弱(ぜいじゃく)なので、少しでも補助率を高めに、できれば中小企業にとっては8割ぐらいにするような配慮をしていただけないかと期待している。 苦しくてもはい上がってくる気概のある企業でなければダメだという意見もあるが、底辺のイノベーションを支えるには、より効果的な補助金であってほしい。これらは私の個人的な感想であるが、協会の会員の多数の意見をまとめ、協会提言として世の中に訴えていきたいと思っている。 当協会は2010年12月に公益財団法人に移行した。発明を標榜(ひょうぼう)する公益法人になった以上、日本のイノベーションを高める新たな活動を展開する所存である。 (東京都渋谷区桜丘町4の22) 【略歴】はら・あきくに 57年(昭32)中央大卒。59年新潟鉄工所入社、64年白寿生科学研究所社長。67年日本発明振興協会評議員、11年会長。愛知県出身、79歳。
0

イーモリジュはエステ並みの仕上がり♪  脱毛

自宅でエステ並みの脱毛がしたいなら、イーモリジュがいいそうです。エステ脱毛とも呼ばれるフラッシュ脱毛法は、光で脱毛させる事で痛みを抑えられる上、仕上がりも自然で毛穴が目立たないので、ムダ毛に悩む女の子達の間で人気があるのだとか。なんて知ったかぶりしている私ですが、実はイーモリジュのこと全然知りませんでした(笑)。それどころか、すでに上野にあるエステサロンに通うことまで決めていたくらいで、とりあえずエステは保留〜。イーモリジュの方から挑戦してみます♪
0

一緒にミュゼに通いたい  脱毛

会社の後輩がなぜか私の真似ばかりします。最初は気のせいかと思っていましたが、おニューのワンピースを着ていった数日後に、全く同じ服を着て来たのを見てゾーッ(汗)。ここ最近は「私と同じ脱毛サロンに通いたい攻撃」がしつこかった(疲)。でも、私の自宅近くで後輩の家とは真反対と知ったら、同じミュゼだから良しとしたのか「自宅に近い神戸市内にします」とのこと。別に断らなくていいからっ。ミュゼプラチナムは価格も安くて通いやすいから、しばらくソッチに集中してくれたらいいんですけど...本当にもういい加減にしてほしいです。
0

全額免除可能!  

自己破産とは、生活必需品等を除く大半の財産を返済に当てる変わり、残りの借金は責任を免責してもらう手続きです。借金が増えてしまいどうやっても返済ができない、返済の為にまた新たに借金を繰り返してしまう、こんな状態になったら、悩まず迷わず自己破産を検討してみてください。借金の為に苦しい生活を続けるよりは良いと思います。
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ