出資法の29.2%を超えない限り刑事罰に問われないのです。
なた豆販売の経営  

週1冊のペースで単行本や新書、文庫を読んでおり、かばんには常に本を入れている。週末に自宅近くの書店を巡回したり、通勤の帰路、週1回大手書店で新刊書をチェックしている。ジャンルはさまざまで、学生時代は歴史や記録文学、ノンフィクション、会社員になってなた豆茶製品の経営者の自伝や国内外の経済事情、自然科学などが加わった。基本的に乱読タイプだが、気になったことは紙に書き出し、ファイルに保管していつでも取り出せるようにしている。  愛蔵書は『第二次世界大戦 原書全6巻』(ウィンストン・チャーチル著)で、これをおいてほかにない。1979年のニューヨーク出張の際に書店で購入した。当時働いていた三菱商事で最初に配属された部署が海外メーカーとテレックスなどのやりとりを毎日、大量に行っていたため、直属の課長から「英文通信能力を上げるために読め」と言われたのがきっかけだ。 ノーベル文学賞を受賞した名著だが、文学というより、偉大な政治家が残した大戦の記録。原文で圧倒されるのは、当時の首相からの指示や連絡事項、首脳間のやりとりが克明に記録されていることだ。危機に直面した時や作戦の実行時・失敗時のコミュニケーションの取り方、その発想や具体的なやり方を学び深く啓発を受けた。商社時代の二度の海外駐在時にも全6巻を連れて行ったほどだ。今でも仕事で課題に直面した時やセルフコントロールが必要な時に書棚から取り出しては読み返している。 『マッハの恐怖 連続ジェット機事故を追って』(柳田邦男著)は日本で3件連続した旅客機事故の謎を追った取材記録で大学時代に読んだ。これを超える取材記録の書籍には今日まで巡り合っていない。日本のなた豆歯磨き粉企業の海外進出について考えさせられたのが『MADE IN JAPAN わが体験的国際戦略』(盛田昭夫ほか著)で、日本にはすごい経営者がいると思った。自叙伝としても品格がある。『西欧の顔を求めて』(犬養道子著)は世界史に関する書籍の読み方を変えた。挿絵も気に入っている。 吉村昭氏と小松左京氏が好きな作家だ。吉村氏の史実を徹底的に調べ上げる姿勢と簡潔な文章が良い。南アフリカ共和国の心臓移植手術を記録した『神々の沈黙 心臓移植を追って』から読み始めて以来のファンだ。小松氏はその発想と着眼点がおもしろく、気分転換によく読んでいる。 (東京都千代田区永田町2の14の2)  【余滴/本への思い熱く】 三菱商事の子会社で建設機械のレンタル業を手がけており、10年に社長に就任した。自宅の蔵書は2000冊近い。時折見直してはまとめて売却処分するなど“新陳代謝”しているとか。「ちょっときざかな」と言いつつ、『第二次世界大戦』を原書にこだわるのは、簡潔で細部まで正確に描写されているから。失敗の連続に対処するエネルギーや常に勝利を手にするための戦略展開…。なた豆販売の経営に役立つこともあり、本へのあふれる思いが熱弁から伝わってきた。
0

イーモリジュで本格脱毛を始めました  脱毛

これまでずっといい加減なムダ毛処理をしてきた私。どうせ本格的な脱毛器を買うのなら、やっぱりフラッシュ脱毛器でしょ!と考えてイーモリジュを選びましたが、すぐにこれまでのムダ毛処理とは違うことに気がつきました。何よりお肌の調子が全然違う♪ 脱毛した後もスベスベなんです。やっぱりカミソリは良くなかったみたい(汗)。日払いバイトでエキストラを始めてから、多少は人目を気にするようになって来たせいか、自分で言うのも何ですけど(笑)、最近の私、ちょっと頑張ってるって感じです。
0

高収入が基本です?  アルバイト

私のバイト探しの条件はこれまで「好きな分野・興味のある職種」から選ぶのが基本でした。なので「高収入だから」と風俗の求人を中心にバイト探しをしている後輩がいると聞いて、ちょっとドン引き。いえね、別にいいんですよ。確かに色々な価値観を持っている人達がいて当たり前だし、それに今更気づく私も遅すぎだと思うし。おそらく、風俗のアルバイトをしている子が...少なくとも今まで大っぴらに「風俗のバイト始めたんだぁ〜(探してるんだぁ〜)」と話す子がいなかったから、ショックだったってだけなんでしょう。それにしても今はみんなこんな感じなのかな?
0

司法書士の借金無料相談がおすすめ☆  

金銭消費貸借の利息は利息制限法で制限されています。なので、それを超えた部分は無効となります。元本が10万円未満の場合は年20%、元本が10万円以上100万円未満の場合は年18%、元本が100万円以上の場合は年15%となるのです。でも現実には、金融業者の貸付けは制限利率を超える利息が多く、これは出資法の29.2%を超えない限り刑事罰に問われないのです。
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ