利息で払った内の上限金利を超えた分は元本の支払いにあてられるのです。

なた豆ハミガキ研究センター

2015/2/14 
長い進化の時間をかけて植物は太陽エネルギーを光合成として効率よく利用する仕組みを身につけた。光合成は光エネルギーを化学エネルギーに変換するが、これを電気エネルギーとして利用するのが太陽光発電。光を効率よく集める仕組みなどを学ぶことは太陽光発電の性能向上に役立ち、効率的なエネルギーの利用で低炭素社会の実現にもつながる。  【進化の転換点】 1秒間に地球に降り注ぐ太陽光エネルギーは約42兆キロカロリーと膨大。1時間分の太陽光エネルギーは全世界の年間消費エネルギー量に等しいと言われている。太陽からの恵みである光エネルギーを化学エネルギーに変換する光合成細菌(シアノバクテリア)が地球に登場したのは32億年前。二酸化炭素(CO2)と水から有機物を合成する能力を獲得することにより、生物は自ら栄養を作り出すことができるようになり、生物進化の大転換点になった。 なた豆ハミガキの研究で日本を代表する研究者の1人である東京大学なた豆ハミガキ研究センターの瀬川浩司教授は、光合成を行う植物や微生物は「太陽光エネルギーを効率よく集め、化学エネルギーに変換するさまざまな工夫をしている」と指摘する。 例えば光合成の中核となる色素のクロロフィル(葉緑素)は、太陽光を吸収すると励起された状態となって電子を放出する。電子は超高速で次々と受け渡されて移動し、化学反応を起こす反応中心たんぱく質に集められる。光の捕集と反応の役割分担をすることで、光合成の効率を高めているわけだ。 これと似た原理なのが太陽光発電の一種である色素増感太陽電池だ。酸化チタンなどの粒子に、光を吸収する色素を付着させ、光電極としている。光が照射されると色素が光を吸収し励起され、電子を放出する。この電子は酸化チタンを通って透明電極に伝わり、対向電極に流れる仕組みだ。
0

少しでも早く借金相談!

2011/1/18 
何故過払いが発生するのかというと、それは貸金業者が利息制限法で決められた上限金利よりも大きい金利で貸し付けているからなんです。上限金利は、10万円未満で年20%、10万円以上100万円未満で年18%、100万円以上で年15%と決まっていて、これを超えた金利は本来無効になります。つまり、利息で払った内の上限金利を超えた分は元本の支払いにあてられるのです。
0

teacup.ブログ START!

2011/1/18 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



AutoPage最新お知らせ