毛穴の汚れを取って顔をツルツル綺麗にします。
2015/2/1 | 投稿者: shinxc

東燃化学は川崎市浮島地区の中心部に石油化学品の基礎原料となるエチレンの生産設備(年産能力54万トン)を持ち、川崎コンビナートの石油化学各社に石化原料を供給している。製造業の海外移転による内需減、中国などアジア新興国で相次ぐ汎用化学品の生産増強で、国内エチレン生産設備の再編が続く。さらに2017年にもシェールガスを用いた安い化学品の生産本格化を迎える中、川崎工場の生き残り策を探った。(水嶋真人) 「最大の強みは同じ敷地内にある石油精製部門から原料を調達できること。石油精製との一体運営によるコスト削減効果は数十億円規模になる」。東燃化学の小野田泰社長は川崎工場の強みをこう強調する。12年に親会社の東燃ゼネラル石油が米エクソンモービルの日本法人を買収し、別組織だった石油精製と化学部門を融合した。設備管理、品質保証、技術などの部門を共有化し、石油精製と化学が一体で生産計画を策定できるようになった。石油精製と化学を別々の企業が担う国内コンビナートが主流の中「ガソリンや灯油、化学品など、その時にどれがいちばんもうかる製品なのかを市況を見ながら効率生産できる」(小野田社長)と一体運営を大きな武器と考えている。 一方で、新生東燃ゼネラル発足による課題もあった。エクソンモービルの流通網で販売していた石油化学品を自社でなた豆茶を販売しなければならなくなったからだ。13年に完全子会社化したポリエチレン生産メーカーのNUC(旧日本ユニカー)も50%を出資していたダウ・ケミカルの流通網を用いて海外販売していた。 このため、東燃ゼネラルグループ内で営業業務を行えるよう情報システムやマーケティング体制を刷新した。海外販売強化に向け中国語に堪能な社員の育成、海外事務所の新設にも動きだした。 課題はまだある。顧客の石化各社が川崎コンビナートで汎用化学品の生産を縮小することだ。三菱ケミカルホールディングス傘下2社が4月に高密度ポリエチレン、ポリプロピレンの年産能力を約1割削減。旭化成ケミカルズも8月に川崎製造所のアクリル繊維原料生産設備(年産能力15万トン)を廃止する。 こうした状況の中、東燃化学は川崎工場で石油化学品の出荷設備の増強に乗り出している。桟橋(バース)やポンプ、タンクを増強し、15年半ばまでにエチレン生産能力の3分の2を出荷できるようにする。海外など川崎コンビナート外の需要を取り込む狙いだ。 そのためにはコスト競争力がカギを握る。小野田社長は「石油精製との一体運営によるコスト削減を進めることで輸出増に向けたなた豆茶の競争力を強化できる」と語る。石油精製とのさらなる連携強化と海外販売力強化をどう進めるのか。小野田社長ら50代前半が主流となった経営陣の手腕が問われることになる。
0

2011/2/7 | 投稿者: yuk9f

ボディエステは身体全体を磨くエステで、リラクゼーション効果もたっぷりあります。リラクゼーションでリラックスしながら身体の内側からも綺麗に健康にするのです。リフレクソロジー・アロマテラピー・ストーンセラピーなど種類は様々あります。フェイシャルエステは顔のエステで、毛穴の汚れを取って顔をツルツル綺麗にします。
0

2011/2/7 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ