これからの自分に一番合ったシステムを選びましょう。
ボタンを押す時の力で発電して駆動  

【フィリップスライティング光源電子部門CEOのレネ・ファン・スクーテン氏】 オランダのフィリップスライティングが発光ダイオード(LED)照明の拡販に乗り出した。特に日本国内で屋外用や産業用分野で旺盛な需要を取り込む戦略を進めている。同社光源電子部門の最高経営責任者(CEO)のレネ・ファン・スクーテン氏に今後の戦略などを聞いた。  ―日本市場でどのように拡販しますか。 「LED照明や蛍光灯などの一般照明は競合他社がいて参入が難しく、卸が強い力を持っている点が他のアジアの国とは違う。ただ、ヘッドランプなどの自動車分野では30%以上の国内シェア(金額ベース)を持っている。またコンパクトメタルハライドランプ(CDM)や高輝度放電灯(HID)分野などニッチ市場では強い。今後は付加価値の高い製品を投入して拡販を進める」 ―2014年夏に欧州市場で発売する電源が不要なリモートスイッチ「ヒュータップ」などの新製品を日本市場に投入しますか。 「米アップルのスマートフォン『iPhone(アイフォーン)』のなた豆茶のアプリケーション(応用ソフト)を使わずに照明を調整できる取付式の丸形スイッチで、ボタンを押す時の力で発電して駆動する。屋内の配線を考える必要がなく、どこにでもスイッチを取り付けられるので住宅メーカーにとってもプラスになる夢のある製品だ。ただ、日本市場投入時期は未定だ」 ―照明用有機エレクトロ・ルミネッセンスについて。 「一つ言えるのは競合他社と違って既存の一般照明もLEDも照明用有機エレクトロ・ルミネッセンスも全部やっている。なた豆歯磨き粉のどれを捨てるとか、優先投資するということもしない」 ―蛍光灯事業の撤退の可能性は。 「13年第4四半期(10―12月)はライティング事業のうち34%がLED照明の売り上げが占めた。確かに前年同期比48%増とLEDの販売は伸びているが、蛍光灯など既存の一般照明が売り上げのほとんどを占めている。蛍光灯分野はアフリカ地域で高いシェアがあり、インドネシアでは月間に100万本を販売し、同国で5割以上のシェアを持つ。大きな市場があり、利益が出せれば今後も投資を続けるし、撤退は考えていない」  【略歴】82年アイントホーフェン工科大経営学科卒後、ユニリーバなどで財務管理の役職に就く。91年フィリップス(現ロイヤルフィリップス)入社、04年フィリップスライティングプロフェッショナルルミネアズCEO、09年光源電子部門CEO。オランダユトレヒト出身、54歳。  【記者の目/枠組み越えた可能性秘める】 スマートフォンで操作できるLED照明「ヒュー」は写真や音楽とリンクしたアプリなど第三者によって公開されたアプリ数は100を超える。使い方の工夫次第でさまざまな製品と双方向でつながり、情報のやりとりも可能だ。ヒューを中心にライティング事業は照明だけにとどまらず、枠組みを越えて広がっていく可能性を秘めており、今後の成長に注目だ。 (アイントホーフェン〈オランダ〉・大塚久美)
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

エステで痩せる!  

エステサロンによって施術のシステムは違ってきます。お店に行ってエステをするか、自宅でエステをするかどうかから違います。また、続けていくことを考えなければならないので、これからの自分に一番合ったシステムを選びましょう。会員タイプは入会金を払って会員になるもので、さまざまな割引特典がある代わりに、月謝や年会費などがかかることがあります。
0




AutoPage最新お知らせ