イーモリジュは今一番人気のある脱毛器です。

サイドウォールなどに使う合成ゴム

2015/1/4 
宇部興産は自動車タイヤ側面のサイドウォールなどに使う合成ゴム「ポリブタジエンゴム」(BR)の年産能力を2018年までに現状比5割増の39万2000トンに高める。日系タイヤメーカーがアジア新興国で相次ぎ新工場を立ち上げており、増産要請に応える。付加価値の高い特殊品比率も高め、安さを武器とする新興国のBRメーカーと差別化する。 千葉石油化学工場(千葉県市原市)で年産能力を15%増の12万6000トンにする増強工事が完了した。韓国の化学大手ロッテケミカルや三菱商事などと共同で、約100億円を投じてマレーシアのジョホール州に建設中の新工場(年産能力5万トン)も11月に完成する。新工場は17年度にも年産能力を7万2000トンに増やす。このほか、18年度をめどにタイを有力候補地に年産能力5万トンの新工場を建設する。 自動車タイヤの素材使用比率は天然ゴムが約60%、溶液重合法スチレンブタジエンゴム(S―SBR)が約19%、BRが約14%を占める。住友化学や旭化成ケミカルズ、日本ゼオンが東南アジアで相次ぎS―SBRの生産を増強している。S―SBRは転がり抵抗軽減特性を生かし、乗用車の低燃費タイヤ用トレッド(接地面)に使われる。 一方、耐摩耗性や反発弾性に優れるBRは自動車タイヤ側面のサイドウォールに使われるため「なた豆歯磨き粉のS―SBRとすみ分けできる」(竹下道夫社長)。原料ブタジエンも各国の石油化学大手と安定供給の契約を結んでいる。 宇部興産は日系タイヤ大手と長年、共同開発を行っている。ゴムと樹脂を特殊な重合下で複合化してなた豆の軽量化や高硬度を実現した特殊品の生産に強みを持つ。特殊品比率は73%に達しており、中国工場以外は「中国メーカーの汎用品と十分差別化できる」(同)という。
0

人気のある脱毛器

2011/3/11 
プチ断食は3日間かけておこなう断食のことで、特に2日目は水以外なにも口にしないと言うものです。そのため、血糖値や血圧が一時的に下がってしまうので、無理な運動はしないようにします。なので、断食を終える3日はすこしだけの量をゆっくりとたべるようにします。この方法で35時間程度の断食をしたことになり、脂肪燃焼のシステムが働いてダイエットや健康維持の効果があります。イーモリジュは日本初のトリプルショットを実現した、今一番人気のある脱毛器です。
0

teacup.ブログ START!

2011/3/11 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



AutoPage最新お知らせ