2010/4/16

このマニュアルを踏まえ今後の療養生活・社会復帰、生活活用の礎にして下さい。  精神疾患の給付金の種類と融資貸付制度 小島薫 レビュー, 精神科, 精神障害者, 精神病, パニック障害



1.gif


詳細はコチラをクリック←



★実践者の声★

東京都 Mさん

私が、うつ病と不安障害の合併になり会社を休み始めて半年が過ぎていました。
当時は、会社をうつ病のため長期休暇として休んでいました。

有給休暇を使い果たし、収入もなく、うつ病との闘いで半年が過ぎたころに、ある医師から「精神医療情報ケアセンター」に給付金が載ったマニュアルがあると聞きました。

早速、半信半疑ではありましたが購入を決めマニュアルの通りに、書類を提出いたしました。
提出をして、約1ヶ月後に確定通知が届きその金額に驚きました。
金額を見てみると年額にして、なんと約324万円でした。

私はもっと早くにこの方法を知っていれば・・と悔みましたが、しかしここから月々の給付が確定したので大変助かっております。
本当に有難うございました。
このマニュアルが現在、精神疾患で闘病されている人たちの支えになればと願っております。



詳細はコチラをクリック←

大好評!につき2009年に10,000部を突破致しました!

【期間限定情報】



特別特価にてご提供致します!!

〜●下記のいずれかに当てはまる場合、給付金の認定の可能性があります●〜

・現在、各種精神病・統合失調症・うつ病・パニック障害・神経症・脅迫性障害等の精神疾患で精神科医療機関にて加療中である。

・現在、これらの精神疾患、精神障害の為、経済的に困難な場合がある。又は、実際困難である。

・精神疾患、精神障害者である患者様を抱える家族・又は本人であり、精神科での医療費・経済的負担が有り、これを軽減したい。

・精神疾患・精神障害のため精神科、心療内科通院、入院医療費がかかり困る。通院・入院費を軽減したい。

・働きたいが、精神疾患・精神障害のため、就労困難である。現在就労中だが、精神疾患のために会社を休みがちである。

・精神疾患や精神障害全治の見通しが立たない。全治困難である。

・精神科、心療内科での医療費がかかり、この為生活費・教育費等が必要である。



詳細はコチラをクリック←


その他のお得な情報はこちら

FS株ロボ SBI証券225先物対応版 購入はコチラ【価格を大幅値下げ】

FSシストレ 225先物 購入はコチラ【無料試用期間有】

ネイルスキルアップ講座 山田佳奈監修 購入はコチラ【期間限定特典有】



0
タグ: 評判 口コミ 評価

2010/4/16

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ