2012/4/30 | 投稿者: yuki

「この先一生不況」といわれる現代の若者の約70パーセントが「自分は幸せ」と感じている理由をつづったものだが、幸せを感じたエピソードを聞かれたウエンツは、「今朝網戸を掃除したら、めっちゃ気持ちいい風が入ってきたので幸せを感じた」と笑顔。恋愛観については「『遊んでこそ男』は昔の考え方。今の若者は大切な人を悲しませない」とコメントした。運命の人については「常にいい人はいます」と告白したが、「女の子でも友人でも親でも、幸せにしてあげたい人が幸せだったら自分も幸せ」と、お相手などについての明言は避けた。不景気にもかかわらず、幸せを感じる20代が多い理由を独自の切り口で読み解いている。ウエンツは若い世代の恋愛観を「昔と違い、一人、大切な人ができたら大事にし続ける」と代弁。「僕も常にいい人はいる」と言葉を続けた。報道陣から「どういう意味で?」と聞かれると「女の子、友達、親でも常に幸せを与えたいと思う人がいて、自分も幸せを感じる」と話し、“オンリーワン”の存在は否定した。同書で若者世代の恋愛観について語っているウエンツさんに「大切な人はいる?」という質問が飛ぶと、「僕はつねにいい人がいます」と告白。しかし「普通に女の子でもそうですし、友達でも親でも、幸せにしたいなと思う人がいます」とはぐらかした。「『絶望世代』は幸福でいいのだ!」は、ウエンツさんが「半年かけて書いた」という「身近なことで幸せを感じられるのが20代」という持論を展開した若者幸福論。「そこそこの生活」に幸せを感じている若者たち、そして彼らを「もっと頑張らないとダメだ!」と非難する大人たち。果たして正しいのはどちらなのか!? そして、これからの日本の進むべき道とは!?
1

2012/4/29 | 投稿者: yuki

こんばんは!

私は大学三年生で、ビジネスの英語を勉強しています。

私の専門は英語ですけれども、日本語が大好きなんです。

でも、私、日本語はあまり上手ないんで、まだまだ勉強することを続けたいです。

皆さん、どうぞよろしくお願いします〜☆-( ^-゚)v



最近、天海祐希さんのカエルの王女さまを見ました。

物凄く感動したわ〜。゚(T^T)゚。

やっぱり前の宝塚のTOPさんですね〜舞台で歌たり、踊りたり、ずっと眩しいし、美しいし。



天海さんの本を読みたいなぁ〜

天海さんみたいな心強い女性になりたい。


1




AutoPage最新お知らせ