カレンダー

2017
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

架空鉄道 直鉄

故郷の全但バスが好き

プリキュアシリーズを応援

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

広島行き!7年ぶりの訪問 最終話

前回【広島行き!7年ぶりの訪問 その5】と言う記事を書きました。

今日一日、旅慣れない影響もあり、疲れてきたので、このまま紙屋町東の電停まで移動して、広島駅へ向かいます。

紙屋町東の電停にやってきたのは、3900型の連接車、東洋電機製のGTO−VVVFインバータを響かせながら、信号に引っかかりながらも立町、八丁堀と軽快に進んでいきます。

いやぁ〜自分、この東洋電機製のGTO−VVVFインバータの音、好きなんですよね。

加速時の音がまた、たまりません♪

この音を聞きながらビルが立ち並ぶ広島市内の中心部を進んでいく路面電車、そしてバスの姿は、堂々としていてカッコいいと言いますか、活気があってええ街やなぁ〜と思ってしまいます。

電車は広島駅に到着、ここで広島の街とはお別れになります。

みどりの窓口内にある、みどりの券売機で帰りの新幹線のきっぷを購入、一番早い、さくら号の自由席がいっぱいで、座れるかわからなかったので、広島始発の700系、のぞみ号、東京行きに乗車しました。

この時点で夕方、太陽は沈みかけていますが、まだ完全に日が落ちてはいません。

新幹線の700系は早いのなんのって、岡山、新神戸の二駅に停車してから、新大阪に到着、新大阪駅は金曜日の夕方の帰宅ラッシュ時とあって、駅構内は人が多かったです。

新大阪からはJR京都線の普通で大阪まで出て、大阪からこのブログではおなじみとなっている、関空・紀州路快速で、帰路に着きました。

全部で、6話もかけてこの記事を書きました。

ここまで、お付き合いいただいて、ありがとうございましたm(__)m
0
投稿者:管理者

広島行き!7年ぶりの訪問 その5

前回【広島行き!7年ぶりの訪問その4と言う記事を書きました。

広電宮島線の車内放送で流れていた、宮島へは松大汽船でというCMをおもいきりスルーして、JRの宮島航路で宮島へと渡ります。

宮島へと渡っている道中や宮島での写真がまったくないので、簡潔に、宮島の桟橋から歩いて厳島神社へ向かうわけですが、暑い!とにかく暑い!帽子と水分がなかったら確実に熱中症になるんじゃないかと言うくらい、暑かったです。

この時、まだ5月の中旬なんですがねw

太陽と砂浜が眩しい中、入口で入場料を払ってから実に数十年ぶりに厳島神社に参拝できました。

参拝も終わったので、直ぐに桟橋へと戻って、先ほど、乗ってきた、JRの宮島航路で宮島口へと戻ります。

帰りはJRで帰ろうかなと思っていたのですが、広島ピースパスを持っていたので、帰りも広電電車で帰ります。

クリックすると元のサイズで表示します

帰りの電車もグリーンムーバーに乗れてラッキーヽ(^o^)丿

商工センター入口まで、乗車します。

夕方の帰宅ラッシュ時なのか、各駅に停まる度に、学生さんの乗車が多かったです。

車内の入口横の座席に座っていたのですが、パスピーを使っている方が多いですね。

入口のドアが開く度に、ピッピッ!と言うカードリーダーにICカードをタッチする音が聞こえます。

こういう光景を見ていたら、パセオカードの時代が懐かしく感じますね(いつの話しだ)

商工センター入口で降車、アルパークから広島バスにでも乗ろうかと思ったのですが、中々、バス停が見つからない・・・・時間も経過、ここでバスを諦めてJR新井口駅へ行き、ここから西広島までJR山陽本線で移動する事にします。

JR山陽線227系の車内も、学校帰りの学生さんの姿が見られます。

この電車で広島まではいかず上述したとおり、西広島で下車します。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでさっき撮れなかった、ボンバスを1枚、記録。

さて、ここからどうしようか、広電電車で帰るのもいいけど、よく考えたら今日は広島ピースパスを持っているのに、一度もバスに乗っていない、これはいけない、せっかくこのパスを持っているのに、バスに乗らないなんてあまりにもさみしすぎます。

西広島からはバスで市内中心部へ出ることに、徒歩で己斐のバス停まで移動しました。

バス停に着いてから発見したこと、バスラマにも載っていましたが、これがバスロケくるけんなのか、反転フラップ式のものを使わず、小型の液晶モニターで現在のバスの運行状況がリアルタイムで表示されています。

あと何分で来るとか、まもなく来ますとか、小型の液晶モニターでも、十分に力を発揮しています。

くるけんを見ていると、広電バスの広島バスセンター行きが来たので、このバスに乗車、今日1本目のバスに乗ることになります。

広電電車と広電バスの車内放送の声の方、女声で同じ声の方なのですが、バスの方が声が透き通って聞こえるように思えます。

右左折時にはバスが曲がる旨の車内放送が入っているとは、私の地元の南海バスにはない、広電独特の車内放送ですね。

バスは渋滞に巻き込まれず、スイスイと動いて広島バスセンターに到着、バスセンターの入口で旧、広島市民球場の跡地が見えましたが、何か催し物が開かれていました。

終点なのでここで降車、今日はもう、路面電車もバスもたくさん撮れたし、乗れたので、十分に満足、まだ夕方ではありますが、この辺で大阪へ帰ることにしました。

次回へ続きます。
0
投稿者:管理者

広島行き!7年ぶりの訪問 その4

前回【広島行き!7年ぶりの訪問 その3】と言う記事を書きました。

クリックすると元のサイズで表示します

横川駅から7号線の電車で南の方面へと向かっていますが、宮島へ渡り厳島神社へ参拝することを決めた私は十日市町の電停で下車、先ほどまで乗っていた7号線の車両であるグリームーバーLEX、お花のラッピングがしてあって、とても、華やかで、明るい感じの外観の電車ですね!

十日市町から乗った、広電宮島口行きの車両はグリーンムーバーMAX、車内はリュックサックを背負った外国人や観光客などで、結構、混んでいましたね。

この電車でそのまま宮島口へ行けばいいものの、車内が混んでいて、座れなかったことと、途中の広電西広島駅でボンバスの写真を撮りたいなと思って、広電西広島で降りることに。

途中、広電西広島へ到着する際に車掌さんの車内放送があったのですが、その時の女性の車掌さんの放送が「まもなく広電西広島〜・・・・己斐です。」西広島〜から間をおいて己斐ですと言う車内放送、なんだが和やかな放送に聞こえました。

間の開け方が本当にナイスな放送です!

その広電西広島に到着、駅前でボンバスの写真を撮ろうと思ったのですが、写真が撮れそうなバスがいてません。

これは予想外、このまま西広島にいても仕方がないので、広電西広島駅へ行こうとしたら、私の大好きなグリーンムーバーの姿が!!

行き先は宮島口行き、迷わずこの電車に乗ることにして、ようやく宮島口へと向かうこととなりました。

車内はさほど、先ほど乗った宮島口行きより、混雑していなくて、後ろの方の座席に着席、西広島から宮島口の間は鉄道線の区間のために、速度もそれなりに出してモーター音も楽しめます♪

やっぱりグリーンムーバーのモーター音は日本の電車にはないような特長のあるモーター音で、聞いていて、清々しいです。

宮島線は先ほど上述したとおり、鉄道線なので速度制限が40キロになっている市内線とは違い、それなりにスピードを出すので、高速域のモーター音が堪能できます。

クリックすると元のサイズで表示します

途中から停車時に座席を変わって、一番後ろの画像の位置の座席に座りました。

ここから進行方向とは逆向きになって、過ぎ去る線路や景色を眺めるのもいいものです!

この日は快晴!本当に天気がよくて、猿猴橋町で広電を撮れたし、広島バスセンターでバスをたくさん撮れたし、おまけに今、こうやってグリーンムーバーにも乗れたし、今日、やりたい事が一通り叶っています♪

途中、確か商工センター入口から乗ってきた、スーツ姿の若いお客さん、車掌さんとの会話から車内のカードリーダーにスイカをタッチしたものの、スイカは広電では使えなかったので、慌てて、駅にある整理券を取られていました。

パスピー以外のICカードと言ったら、イコカは利用できるのですが、スイカは使えないんですよねぇ。

グリーンムーバーは快調にモーター音を鳴らしながら宮島口へと進んでいますが、途中、瀬戸内海が見えてきて、海ですよ海!天気が良いので実に青い海が見れました!

瀬戸内海も綺麗だし、もうそろそろ、終点の宮島口かなと思っていたら、その一つ手前、普段は通過するのですが、この日は競艇場の開催に合わせて臨時の駅に停車、その後、終点の宮島口へ到着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

広電宮島口にて、私が広電西広島から乗ってきた、5000形グリーンムーバー。

この後は船で宮島へと渡ります。

まだまだ続きます!
0
投稿者:管理者

キラキラ☆プリキュアアラモード第19話 感想

【天才パティシテ!キラ星シエル!】

序盤でシエルさんから何か作ってみてと言われて、キラパティに戻って作ってみる、いちかちゃん・・・・。

いちか「こういうこと?」

あきら「ちがうんじゃないかな・・・・。」

ツッコミ&フォローもかかせない、あきらさん、素敵すぎる!

さすが、いちかちゃんよりも年上、そして、いちかちゃんの肩を叩き、しっかりとフォローを入れる、先輩としての風格を漂わせる、あきらさん、やっぱり素敵♪(今日二度目)

シエルさんはいちかちゃんのスイーツに全然ダメと言いつつも、一つだけ、褒めると言うあたり、器もしっかりとしているひとなんだなと思いましたね。

ソースも、シエルさんをリスペクトしたのではなくて、いちかちゃんのオリジナルで行けばよかったんじゃないかな。

変にシエルさんにあわせてリスペクトしたのがまずかったかもw

いや、まあ、パテシエの大変さとすごさを実感、素材の取れた季節など、そこまで考慮してスイーツを作るなんて、シエルさん、まさにプロ、私にはその素材や収穫された時期の味など、さじ加減がまったくわかりません・・・・。

いちかちゃんはシエルさんに憧れているけど、そのシエルさんはプリキュアに憧れている様な素振りを見せていました。

もう、公式発表で言われていますが、新しいプリキュアが出るのは夏ごろと言うことで、シエルさんは本当に6人目のプリキュアなんだろうか(棒読み)
0
投稿者:管理者

広島行き!7年ぶりの訪問 その3

前回【広島行き!7年ぶりの訪問 その2】と言う記事を書きました。

百貨店の中にあるレストラン街とあって、メニューを見てみると、いいお値段をします。

予算的にそこまでは厳しいので、他へ行くと言ってもあてがないまま、エレベーターで1階に下りて、地下街のシャレオへとさらにおりますが、これと言ってお店は決まっていないまま、そのまま、何故かアストラムラインの県庁前駅まで来てしまい、ここで思いついたのが昨年、開業した、新白島駅を見てみたいなと、ここからだと、二駅なので、昼食を新白島で取ることにしました。

アストラムラインに乗るのも実に7年ぶり、接近メロディや発車メロディが新しくなっていて、駅放送の声が別の人に変わっていましたね。

県庁前駅の隣の城北駅はもう10年以上前になりますが、家族と旅行に行った際に宿泊した宿が、近くにあって、その時の思い出が今も残っています。

新白島駅、ホームから改札へ行って見ると何か天井が高くて開放感のある駅で、気持ちがよいですね!

ここはJR山陽線とも連絡している駅でもあります。

アストラムラインとJRの新白島駅を見に来れたのはよかったんですが、周辺に食事をとれるようなお店がなかったので、JR新白島駅の改札外にあるセブンイレブンでおにぎりを二つ購入して、改札内に入ってからホームのベンチに座って、おにぎりを食べました。

この時、1番のりばのベンチで座っていたのですが、電車が通過する旨の放送があり、なにが来るんだろうと広島方面側を見ていたら、貨物列車の姿!

側面には【桃太郎】と書かれた、電気機関車が、たくさんの貨物を乗せて、ガタンゴトンとジョイント音を響かせて、走る様は、カッコよく、私が幼少の頃、母親に連れられて地元の近くの踏切で貨物列車を見に行った時の話を母からきかせてくれたことを思い出してしまいました。

貨物列車が通過して、間髪入れずに反対側の2番線に接近の放送がかかって、115系か?それとも227系が来るのか?そう思っていたら!?

クリックすると元のサイズで表示します

やってきたのは、227系でした!

こうやってちゃんと写真を撮るのはこれが初めてです!!

今回の日帰りの旅で、227系を撮ったのは、この写真1枚のみでした。

おにぎりも食べ終わった事だし、とりあえず次に来た電車で隣の駅の横川を目指すことにしました。

あれです、いつもどおりまったくのノープランで行っていますw

その次に来る電車が可部線 普通の【あき亀山】行き、あき亀山−可部間は、今春のダイヤ改正で一度、廃止された区間が再度、延伸された、珍しい区間で、そこに行って見たいなと言う気持ちがあり、横川に着くまでどうしようかと考えていたのですが、なんとなく・・・・広島へ来たのなら、宮島さんに参拝したいな・・・・。

本当は、横川から乗った、江波行きの電車の中で、十日市町で降りて、乗り継いでから宇品方面へ行こうとも思ったのですが、気の向くままに、目的地をどうするかをギリギリまで悩んでおりました(苦笑)

次回へ続きます。
0
投稿者:管理者
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/217 
 
AutoPage最新お知らせ