カレンダー

2017
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

架空鉄道 直鉄

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

キラキラ☆プリキュアアラモード第26話 感想

【夏だ!海だ!キラパティ漂流記!】

出だしからビブリーちゃん、悲痛な叫び、しばらく出番がないと思っていたら無人島にいたのか、でも、勝手に旅に出て無人島へ来たのは君の責任じゃないか、プリキュアに非はないよ。

ノワールさまを必要以上に頼っているのは、過去の回想シーンでもあったが、どういう経緯でこうなったかはわからないけど、ビブリーちゃん、他に頼れる身寄りがいないんだろうなぁ。

だから一人ぼっちになる事を恐れていると言うか、外面は強がっていても内面の弱さを感じてしまう。

ビブリーちゃん「あたしがこんなに苦しんでいるのにみんなで楽しくチャラチャラ、キャッキャッしちゃって!」

今日のビブリーちゃん、リア充に嫉妬している自分の姿を見ているようで、何とも、共感したと言うか、さみしいというか、でも、言っていることはまともに聞こえたわな(おい)

シエルさんが差し入れた、かき氷に宿ったキラキラルの力を全部、イルの力に変えてしまったのは、彼女らしいというか、私的にはあそこで一口でも食べてほしかったな。

まあ、でも、キラキラルの力があったからこそ、イルを復活出来て無人島から脱出できたんだから、最後の表情から見れば、プリキュアに借りができたなと言う感じだった。

ビブリーちゃん、荒れとったけど、一方で先陣を切って自ら前を進む、いちかちゃんたちだったが、何かあったら一斉に3人とも、あきらさんの後ろに隠れるあたり、かわいかったなぁ〜w

あきらさんも一瞬、あれ?みたいな表情をしつつ、ちゃんと対処してくれるんだもの、羨ましい!!あきらさん!素敵!!

自分もあきらさんを頼りたい(おい)

え〜と、来週から近畿圏は、夏の高校野球のために、放送がお休みとなりますので、しばらく、感想を書くのが遅くなります。

2年前みたいに、名張まで見に行けば問題ないけど、今年はスルッとKANSAI3dayチケットがなくなってしまったし、フリーチケットがなくてプリキュアを見に行くためだけに名張まで行くのは少し、きついので、遅れて放送される分を待つこととします。
0
投稿者:管理者
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ