カレンダー

2017
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

架空鉄道 直鉄

プリキュアシリーズを応援

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

今期終了のアニメ(3月終了作品)の評価をしてみないか

ピッコロさんの企画である【今期終了のアニメ(3月終了作品)の評価をしてみないか】にお誘いを受けましたので記事にしてみたいと思います。

私が3月終了分で評価するアニメは、昨年と同じくジュエルペットシリーズの【ジュエルペットきら☆デコッ!】です。

サンシャインから見始めて、今年で2年目に入りますが、この作品を推したいと思います。

その1 ストーリー【5点】

サンシャイン時代から続いているのかネタが豊富なアニメとなっていて中でも実在する、埼玉県や群馬県などを舞台にして、湘南新宿ラインが出てくるなど、電車ファンの私としてはそれらのネタが多く展開されていたので、楽しめました。


その2 キャラクター性【3点】

人間の主要キャラでは大宮ぴんく以外は全員が男性で、男性キャラが異様に多すぎると言った感じがありました。

大きなお友達(特に女の子)を狙って、あえて意図的にこういうキャラに設定したのかと思ってしまいます。

でも、敵側がいかにも強そうでシリアスに見せつつも、実際に登場してみれば、殆どがお笑い要員的なキャラクターであり、どこか憎めないような雰囲気だったのは良かったです。

オパールやイオなど、性格が前作と比べて180度変わりすぎているキャラがいたのは少し残念でしたね。


その3 画【4点】

特にこれと言って作画が崩壊していると言った場面は見られなかったかと思います。

一つ付け加えるなら、後半からのルビーがEDでダンスをするのですが、ルビーだけだと細かい動きがわかりにくかったので、ここはやはり、人間キャラの大宮ぴんくと共に踊ってほしかったですね。


その4 演出【5点】

基本的に1話完結の面白おかしいストーリーになっているのですが、敵側のコールくんが見せる時折、せつない思い出が印象に残りました。

一見、ネタ満開で展開していても、グッとくる要素が入っていたりして、その点では今作もよかったですね。


その5 音楽【2点】

今作では、主題歌を歌われている方が一人のみとなっていて、年齢から察するに、若干、力不足かなと言う印象が残りました。


その6 総合的な評価【4点】

ストーリーとしてはネタが繰り広げられていて、時にはグッとくる場面も入っているのですが、一部、キャラの性格があまりにも変わりすぎていたり、主題歌のことを考えると今回は前回より一つ少ない【4点】と言う風にさせていただきました。

ベストキャラクター賞 【ラブラ】

やたらに逮捕したりして、エンジェラとのコンビぶりがよかったです。


ベスト声優賞男性 【小野大輔】さん

二枚目キャラなのに三枚目キャラが面白かったです。


ベスト声優賞女性 【ささきのぞみ】さん

前半のナレーションも含めてお疲れ様でした。


キラデコは実在の地名が出てきて舞台になったり、使われたりして、毎回、ツッコミどころ満載のドタバタ的な感じは、身構えずに安心して見れるアニメの一つであり、最終話で大宮ぴんくが昔の自分も今の自分と言う風に受け入れて、それを分かった上であえて、渋谷とは逆方向の高校へ通っているシーン、少しホロリときてしまいました。

評価点は昨年と比べて、一つ下がりましたが、毎回、楽しみにしているシリーズのアニメであり、これからも視聴を続けたいと思っております。
0
投稿者:夢のゴムタイヤ
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ