2009/10/12

黙想  

ひとの言葉って、
言ってることと意味がうらはらな場合があるんじゃないだろうか。

「私は幸せです。」というセリフ。なるほど 確かに不幸せではないのだろう。

しかし、幸せを自覚しているものがわざわざ 言葉にだすだろうか。
「幸せ」が日常になっている状態だと幸せの自覚もないんじゃない?

誰かの不幸と対比した時に初めて自分の「幸福」がわかる。幸福度というべきか。
その逆に自分の不幸度もわかったりする。

そもそも、なにをもって 幸福  不幸 というのだろう。
ものの感じ方は千差万別であって、一見不幸と思われる物事の中には実は幸福があったりする。

 厳しくて辛い環境が人を鍛え逞しくさせ人格を磨くという。
しかし、それは劇的な「変化」を伴う場合もあり受け入れることは容易ではない。

変化は物事が前進する原動力になる。
後退する場合もあるが、それを後退と認めない限り後退とはならない。

失敗がそれを失敗と認めない限り失敗にはならない。
成功するまでのプロセスと考えると同じことですな。^^


変化 大いに結構  歓迎しますわ!
とはいってはみるが、わが家は変化はすでに起きていて それも去年のリーマンショックから・・・。(泣)

政権も交代して新しい変化の波が押し寄せようとしてる。
さてさて、この波はどんな幸福 不幸を運んでくるのやら。
0

2009/8/24

夏の終わりに  

そもそも、ズボラな性格なのだろう。

雑記にしろ、日記にしろ続いた試しがない・・・。

曼然とした暮らしの中にも、日々思う事はあるはず。
ここでは、気負わず、飾らず、吐いていこうか^^

で、ちょっとだけ「これから」のことも意識してみようか(謎)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ