遺産を相続することになったら  生活

遺産相続というのは一生で何度もあることではありません。多くても2〜3回でしょう。この経験か少ないということが、遺産を相続するときになって様々な間違いや問題を起こします。

相続をめぐっては個々人で知識に差があり、一によって自分のよいように解釈しがちですが、ほとんどは法律できちんと定められています。最近は遺言状を残していたり、生前贈与と言って、まだ生きているときに財産を移譲する人も少なくありません。

これはいずれも自分がいなくなってから、みんなで争いになって欲しくないからで、賢い方法と言えます。そしてもし実際に依存を相続できたとき、忘れてはいけないのは相続税です。

相続税は遺産を相続すると必ず発生し、決められた期日までに国に税金として納めなくてはいけません。もし期日を過ぎてまだ納めていないと、超過金と言って、さらに多くの税金をとられてしまうので、必ず期日までに入金することが大切です。

ただし、相続税が発生するののには下限があります。相続した遺産の金銭的価値が5千万円未満であれば、今のところの法律では、相続税は免除されることになっています。5千万円以上の相続というのはかなりの資産家なので、ある日突然遺産相続?ということになっても、ほとんどの人は税金は発生せずに済んでいます。
0

 

薬剤師の収入  生活

ゆとりのある生活を送るためには色々ありますが、条件のひとつに収入があることは間違いありません。

「ゆとり」という言葉には、精神的なものと物質的なものがあるというのが一般的な認識です。精神的なものというのは、落ち着き、安定、安心などを意味し、物質的なものというのは、持ち物を意味しています。

精神的なものはある程度、自分次第ですが、物質的なものついては、自分ではどうにもないらないことは少なくありません。それは、物質を得るためには対価、つまり金銭が必要になってくるからです。金銭、つまり収入がないと物質的なゆとりはできないことになります。

そこで一般的には、収入の高い仕事に就こうとみな、努力をします。ただ今は大不況で、新卒であってもなかなか就職できない時代で、フリーターは増え続けています。

しかしその一方で、人出不足で困っている業界もあります。それが薬剤師です。

薬剤師は基本的に収入は良いとされています。それは国家資格だからで、実際に一般の企業に就職する人の収入に対し、薬剤師の収入は1.2倍から1.5倍は高くなっていることがわかります。

この就職難の中、人手不足で求人が多いということだけでも人気になるのはわかりますが、さらに収入が高いということで、薬剤師を目指す人が最近は増えてきています。
0
タグ: 薬剤師 収入

 

母子家庭の子育て  生活

母子家庭で生活費のねん出の次に重要と考えているのは、子育てです。 母子家庭の9割以上の人がそう答えていることから、いかに子育てというのが大切かがわかります。

もっとも母子家庭ではなくても、子供のいる家庭では子育てが一番重要なテーマといえます。 

子供の将来を考え、どんな教育を受けさせるか、何を教えていくのか、夫婦でけんかになることさえあります。

そういう意味では、母子家庭の場合は母親しかいないので喧嘩になることはありません。 しかし、どうしようかと悩んだときに、相談相手がいないということが現実として問題になってきます。

役所などでも相談にのってくれますが、どうしても親身にというわけにはいきませんので、一般論に終始してしまうことが多いという話を聞いたことがあります。

母子家庭での子育て、それは各家庭での重要なテーマです。
0

 

母子家庭での工夫  生活

母子家庭では、経済的に苦しいという人がほとんどてしょう。 収入が少ない、それまで専業主婦で働いたことがない、という人も中にはいます。

そうなると、仕事探しから始める必要があり、働いたことがないと余計に大変です。

しかし、母親はとても強い存在です。 どんなに困難があっても、子供のためという一念はどんな逆境も跳ね返すパワーを持ってふいます。

そして日本の社会では、そういう母親を助けてくれるさまざまな社会制度があります。

ただし、いずれも国の方から教えてくれるわけではありませんので、自分で調べる必要があります。

役所に行く、インターネットで調べるなど、方法はいろいろとあります。頑張って調べましょう。

母子家庭の支援制度の詳しくはこちら
0
タグ: 母子家庭 工夫

 

母子家庭でも楽しく  子育て

母子家庭の多くは生活が苦しいという現実があります。 中には社会的地位があり、裕福な生活をおくれている人もいますが、それはやはり、ごく少数です。

しかし、だからといって、気持ちまで落ち込んではいけません。

母親の気持ち、気分は間違いなく子供にも伝わってしまいます。子供が義務教育を過ぎていればまだ大丈夫ですが、幼児期になるとと特にこういった配慮は大切になってきます。

毎日いつも笑顔で、というのが理想です。

実際にはとても苦しいでしょう。逆に泣きなくなることのほうがはるかに多いはずです。

しかし、そこは歯を食いしばって笑顔、子供の前ではいつも笑顔でいるように心がけましょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ