2012/11/19

下塗りと色付け  


下塗りです。
ウキの塗装は、蛍光の黄色かオレンジなので生地に直接塗っても発色が良くありません生地が白でない場合は必ず下塗りのホワイトを塗ります。
今回は、水性のジェッソを使いました。これは画材屋さんに売っています。

クリックすると元のサイズで表示します

下塗りのジェッソが乾いたら色をつけましょう!
このスプレー缶はヒャッキンです。

クリックすると元のサイズで表示します

さすがにヒャッキンのスプレーだけあってこの量を塗ったら空っぽになりました!
ちょっとオドロキっす!!

クリックすると元のサイズで表示します

次はいよいよ仕上げ??かな?
0

2012/11/16

下塗りと穴内の補強  


型抜きをして2〜3日で乾燥します。
はみ出たバリとか凸凹を適当にサンドペーパーやカッターで削り整形をします。
クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じです!
クリックすると元のサイズで表示します
次は、下塗りです。
ウレタンなんとかMJという塗料でディッピングします。簡単に言うとドブ漬けです!!
クリックすると元のサイズで表示します
これも、今の冬の時期は乾燥に時間がかかります。

次に、穴の補強です。
ウレタンでコーティングしているのであまり心配はないのですが、何しろ素材が粘土のために中の重りの隙間などが気になるので穴はストローで補強します。
クリックすると元のサイズで表示します
ヒャッキンのストローをこのように中に入れて再度ウレタンでドブ漬けします。
クリックすると元のサイズで表示します
ウキの中の穴は途中で細くなっているので、ストローもこのようにローソクであぶって引っ張って細くしないと入りません。
クリックすると元のサイズで表示します
これにはちょっとテクが必要かな??
クリックすると元のサイズで表示します
するとストローと穴の間に隙間が出来ているではないですか!!
クリックすると元のサイズで表示します
これでは、ウレタンが止まらないので紙粘土かティッシュで隙間を埋めて塗装します!
クリックすると元のサイズで表示します
次回はジェッソでホワイトにします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ