2013/3/6

必要なもの  

誰かが話してたんですが
国民生活金融公庫の教育ローンは、子供の教育資金を必要とする方向けに、中小企業向けに貸し出しを主とする政府出資の金融機関:国民生活金融公庫の融資ローンです。このローンは教育目的限定です。例えば、学校への納付金(入学金、授業料など)、受験費用(受験料、受験の交通・宿泊費など) 住宅費用(アパート・マンションの敷金・家賃など)、その他教科書代、教材費、パソコン購入、通学費用、修学旅行費用、学生の国民年金保険料などが適用対象です。返済期間は最長10年以内です。返済方法は毎月払いとボーナス併用できます。融資の対象となる学校は、公的な学校となり、任意団体は適用外となります。主なものは 大学、大学院、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校、予備校などです。この教育ローンは、教育一般貸付、郵貯貸付、年金教育貸付の3つの種類に分かれています。
国民生活金融公庫の教育ローンとは、子供の教育資金を必要な方向けに国民生活金融公庫の融資するローンです。国民生活金融公庫とは、中小企業向けに貸し出しを主とする政府出資の金融機関です。このローンは使用用途が限定されていて、入学金、授業料などの学校納付金、受験料、受験の交通・宿泊費など二つ目の郵貯貸付は、教育積立郵便貯金の預金をされている方を対象にしています。融資額は、学生1人につき200万円までです。現在積み立てしている教育積立郵便貯金が融資限度額となります。申し込み先は、全国の郵便局(簡易郵便局を除く)となります。
郵貯積み立てが必要なものがあります。郵貯貸付です。教育積立郵便貯金の預金をされている方が対象です。借り入れ額は、学生1人につき200万円までです。現在積み立てしている教育積立郵便貯金が融資限度額となります。申し込み先は、全国の郵便局(簡易郵便局を除く)です。一つ目の教育一般貸付は、入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収によって制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円以内、自営業など事業所得者については770万円以内であることです。融資金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。
一般的なものは、教育一般貸付です。入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収により融資制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円まで、自営業など事業所得者については770万円までとなります。借り入れ金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。いろいろな利用の仕方があるんですね。
0

2013/3/6

実際にどちらに  

よく聞く話ですが、どうでしょう?
フラット35は繰り上げ返済時の手数料がかからないということも注目されるひとつですが、返済できる額が100万円からと多少金額が高くなっています。しかしその他の住宅ローンは小額の繰上げ返済が可能でもその都度手数料がかかることを考えれば妥当なものかもしれませんフラット35を利用したいと考えている人は、いくつかの金融機関を比較検討するようにしてください。金融機関によってはフラット35より自行の金融ローンを利用してもらった方が利益が高いため積極的に勧めてこない場合があります。もちろん実際にどちらにメリットがあるかを判断するのは利用者自身です。フラット35は各金融機関、つまり銀行、信用金庫といったところで申込みを行います。また金利は各金融機関ごとに違い、申込みのときにも変動しています。ちなみに金利が確定するのは申込みをした時点ではなく、融資の受け取り時点の金利が固定金利の率となります。フラット35の特徴は最長35年間金利が変わらない長期ローンが組めるということです。金利は各金融機関や申込み時点で変動していますが、融資を受けた時点から返済終了までは金利の変動はありませんので、ローン申込み時に返済金額が確定することも安心のひとつです。ってそんな事の知ってましたか?
ケンのブログ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ