2013/3/5

年間の世帯収入  

この前知り合いから聞いたんですが、
一つ目の教育一般貸付は、入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収によって制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円以内、自営業など事業所得者については770万円以内であることです。融資金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。
一般的なものは、教育一般貸付です。入学・在学中の子供の保護者の方向けです。年収により融資制限があります。年間の世帯収入が定期収入者(会社員、派遣、アルバイトなど)の場合は990万円まで、自営業など事業所得者については770万円までとなります。借り入れ金額は、学生1人につき最高200万円までです。申し込み先は国民生活金融公庫、近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など)です。修学旅行費用、学生の国民年金保険料などです。返済期間は10年以内です。例外的には交通遺児家庭または母子家庭の方は、1年の延長が可能です。返済方法は毎月払い、ボーナス併用が選択可能です。融資の対象となる学校は、一般の学校となります。大学、大学院、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校、予備校などです。この教育ローンには3つの種類があります。教育一般貸付、郵貯貸付、年金教育貸付です。つ目の年金教育貸付は、国民年金または厚生年金保険の加入されている方向けです。国民年金の加入期間が10年以上であることが条件です。融資限度額は、厚生年金保険の被保険者は学生1人につき100万円まで、国民年金の被保険者は学生1人につき50万円まで(ただし、同一学生1人につき100万円以内)です。申し込み先は、都道府県の年金福祉協会などです。
年金加入者が対象の年金教育貸付があります。国民年金または厚生年金保険の加入されている方向けです。国民年金の加入期間が10年以上であることが必要です。融資限度額は、厚生年金保険の被保険者は学生1人につき100万円までで、国民年金の被保険者は学生1人につき50万円まで(ただし、同一学生1人につき100万円以内)です。申し込み先は、都道府県の年金福祉協会などになります。いろいろな利用の仕方があるんですね。
0

2013/3/5

理解するために良い  

この前知り合いから聞いたんですが、
住宅をこれから購入しようと予定されている方でも住宅ローンアドバイザーの養成講座は役にたちます。講座は基礎コースと応用コースの二通りにわかれています。借り入れ前の住宅ローンを一から理解するために良いでしょう。もう一つの応用コースは実務者向けになります。実際に借り入れする方へのアドバイス者向けの専門家コースです。ローンの見直しにおいては住宅購入の際に住宅ローンの設定を不動産業者任せにしてしまった場合、基礎情報を持たないため、住宅ローンの繰り上げ返済、借り換え、固定金利・変動金利や手数料など支払方法の見直しについて基礎知識を持たない購入者をサポートします。購入者にとって公正なアドバイスをする頼もしい味方といえるでしょう。
ローンの見直しする際には住宅購入のときに住宅ローンの返済方法を不動産業者任せにしてしまっていることが多いため、住宅ローンの基礎知識を詰め込んで、住宅ローンの繰り上げ返済、借り換え、固定金利・変動金利や手数料など支払方法の見直しにとりかかる必要があります。購入者にとって公正なアドバイスをするのが住宅ローンアドバイザーの役目です。便利になってるもんですね〜
手紙を
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ