2013/5/17

威哥王とは  

威哥王とは

威哥王(ウェイカワン,イカオウ)は上海で絶大な人気を誇る精力剤です。

成分にはオットセイ、鹿、羊の3種類のbaiagura『 鞭(ペニスや睾丸)』が配合されています。

これらは「三鞭」といわれ精力増強には欠かせない高級動物生薬とされています。

また、威哥王は三鞭のほか同様に精力増強の促進をする、水牛鞭、広狗鞭(コウクベン)、朝鮮人参、枸杞子(クコシ)が配合されています。

漢方の利点として、ひとつの薬でもさまざまな症状に効能があるという点があります。

素材の成分をそのままに調合してつくられているからです。

漢方の素材の動植物はあらゆる成分が集まってできています。

そのため、現代医学では解明されていない病気、「未病」にも漢方薬は有効性があるとされています。

また、漢方薬は長く飲まないと効果がないと思われがちです。

確かに体質改善という観点からは、長期服用の必要があります。

しかし、威哥王(ウェイカワン,イカオウ)のように即効性や長期服用がある薬も多くあります。
0

2013/5/17

蘇族人には媚薬の使用歴史  

蘇族人には媚薬の使用歴史

昔にもらって美しい娘のお嫁は、わめて困難な事です。もしはとても機敏な男でなければ自分の心の中の人を娶ることが巨人倍増できない。どうしてこんなに難し いですか?それは未婚の女性は決して簡単に若い男を見て彼女は頬か、男は女の顔を知らない。男と少女と汕しようとする時、女の子に返事をしないばかりか、 また男の子たちが近づくと、すぐ逃げる。たとえ機敏で、女の子と結婚して家に帰った後に、女の子のように内気な気質はまだ完全には色褪せた。だから、苏族人女性用媚薬の効力に若い娘を誘惑する。苏族糜鹿強い催情効果を認定糜鹿の精力を集中して角に隠れて、彼らは鹿角で各種の媚薬を作ったが、苏族人は信じて発揮させなければならない鹿角薬効請求者は、必ず同薬鹿角作成の笛を請求する。。

音楽で施行愛の魔術のほか、インディアンはまた恋にの人れて媚薬を飲んだ。酔って恋の人が食べる媚薬の後、魔力を受ける創ために恋をするその恋煩い をする人にかかわる。自分に魂をこっそり竹の子の対象の催情薬はたくさん植えることがあり、その中によく使われるのは、ミゾカクシ属植物の根を研は成の粉 末、鴨拓草类植物の汁、西洋参与雲母、蛇や洋牡丹などを配合した薬剤である。記録によると、この薬の効果は最高である。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ