W2C-Clipper「クリッパー【FX自動売買ソフト探しからの解放】MT4資産運用システム」 プロ  

詳細はこちらをクリック

リスクをコントロールできるW2C−Clipper

初心者から上級者までここぞというときに助けになるのがW2C−Clipperです。
W2C−Clipperはよく他で使われる技をあえて使いません。
といいますのも、たくさん存在する勝つための手法、最終的に分析すると
相場の性質や期間、投資家たちの心理に左右されてしまうということがわかったからです。
ただでさえ変動をくりかえす世界ですから、こんなことがあってはいけませんよね。

そこでW2C−Clipperでは、それらに影響されることなく使用できる「ナンピン+マーチンゲール」という手段を用いたのです。
実はこの方法、現在はそれを職業としている多くの投資家たちが利用しているものなのです。
しかしこれにも欠点があり、それはかなり高度なリスクコントロールが必要であるということです。
もちろんW2C−Clipper開発チームはそんなことはお見通しです。
6段階にわけてリスクコントロールをできるように設定し、
それぞれの投資家のスタイルや状況に合わせて設定変更可能な自動売買システムの開発に成功したというわけなのです。

これで少々初心者には危険かと思われる「ナンピン+マーチンゲール」という手法も生きてくるわけです。
あとは体験してみるのみ、そうしないとわからないことがたくさんあるのがこの世界ですから。

詳細はこちらをクリック




ZuluKingdom ナポレオンFXと共に、ZuluTradeを攻略! 口コミ
オールタイムFX 安達有里さんも大推薦!国内証券会社にも対応! プロ
池島麻美のROYAL5FX プロ
0

2011/10/17

収益を得られるような対応策  

用心すべきことは、順次稼ぎ出すとレバレッジを上げてみようという間違った戦略です。これは辛いです。レートのボラティリティが大きいときも小さいときも、可能なら収益を得られるような対応策を立てます。

取引には順張りと逆張りがありますが、ゆっくりと小さな収益を積み重ねていくスタイルが目標なら、順張りがオススメです。早めの損切りも要は重要ですが、レート劇変のリスクヘッジには、両建ては有効な仕方でしょう。

損失がではじめると型を無視して感情的になり情勢を読めなくなります。これがFX で儲ける手口なのです。それからFXの情報商材はいっぱい出回っていますが、評判でトレンドなものは買ってみると稼ぐきっかけになるでしょう。

予想外な方法かもしれませんが、場合によってはトレードをしない時を作るのも、潜在的な危険を最低限にするという意味では価値のあることです。

−今日のFX用語−
■キウィ
「キウィ」とは、ニュージーランドの通貨である、ニュージーランド・ドルの通称です。NZDとも表します。
0

2011/9/29

基本的に安定してプロフィットを出せる  

一見非常にシンプルなことですが、基本的に安定してプロフィットを出せると意欲が沸きますね。未来の相場を予測するには、経済指標のチェックも大事ですが、指標を発表する要人の発言も念入りに聞きましょう。

収益を大きく、損失を最小限にすることで、トータルで稼ぐという立場がよいと思います。非常に大切なことは、自分にあったピッタリなルールを見つけ出すことですね。

−今日のFX用語−
■主要通貨
「主要通貨」とは、外国為替市場で売買取引が頻繁に行われている通貨のことをいいます。一般には、米ドル、ユーロ、ポンド、日本円、スイスフランのことをいいます。
0

2011/9/23

買い注文から取り引きするのがおすすめ  

利益、ロスを出したらその理由を明確にし、次回のトレードから活かしていきたいですね。2通貨を対照する場合、相対的な需要を研究するのが不可欠ですから、ファンダメンタル分析が有効なのです。

ほとんどの場合駆け出しの方はトレードに慣れるまでは、売りから入るのでなく、買い注文から取り引きするのがおすすめです。複数の通貨ペアを組むFXポートフォリオという考え方で、市場が激変しても危険回避できるようにしてくださいね。オシレーター系のスローストキャスティクスは傾向を読むにはデメリットですが、もちあい場面でのサインは重視してくださいね。

−今日のFX用語−
■スリッページ
「スリッページ」とは、通貨を直物取引をするときに、指定したレートと実際に約定したレートの差のことをいいます。
0

2011/9/12

FXは自動売買が相当充実  

例えていえば、外国為替証拠金取引投資を始める前に、予め投資額の限度を決めておくのも意外に要です。MACD(マックディー)という指標は、市場のトレンドを測定するのに有効ですので、是非活用したいところです。

どのくらいの期間ポジションを保持できるのか考えることで、自分の投資のパターンを決める肝要な点となります。つぼは、損きりラインをいったん決めたら動かさないのが利口です。マイナスを最低限に抑えるノウハウですね。

時たま欲が出て損切りを入れなかったり為替が回復するのを期待してポジションを持ち続けたりするのは要はリスクが高いですからやめましょう。損失の回数が少ないとホントに心理的には楽になりますが、大事なのは回数ではなくてマイナスの額だと思います。

なによりFXは自動売買が相当充実してますので、有効的に活用すれば時間効率が相当改良されます。短期投資の要点は、明確なトレンドを見つけたら比較的突然勝負を仕掛け、直ぐ撤退することでしょう。

−今日のFX用語−
■市場金利
「市場金利」とは、市場で決められる金利のことで、金融機関同士のお金の賃借時に適用される金利のことです。市中金利ともいいます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ