2013/2/12 | 投稿者: 管理者

看護師というのは、どんな時代にあっても必ず社会に必要となる職業ですが、この福祉高齢化社会にあって、その需要はとどまるところを知りません。
しかしながら、医療機関の数と較べて圧倒的に看護師の人数が足りないのも事実です。

この状況を打破するべく、1992年より設置されたのが、ナースセンターと呼ばれるものです。
ナースセンターは、「看護師等の人材確保の促進に関する法律」に基づいて、47都道府県に必ず1つは都道府県専用のナースセンターが設置されることになりました。

都道府県ナースセンターは、各都道府県の看護協会が都道府県知事の指定を受けて運営をしています。
ですので、例えば大阪で看護師の仕事を探しているのなら、大阪府ナースセンターへと足を運び、そこで求人先の情報を得ることができるでしょう。

またインターネット上にある「保健師の求人募集 | 和歌山で探すならココ!」というような看護師や保健師専門の求人サイトも、求職活動の参考になるかもしれません。
0

2013/2/8 | 投稿者: 管理者


看護師は、患者さんだけではなく、その家族や患者さんのお見舞いに来られた人など、毎日たくさんの人と接する機会の多い職業です。
年代や性別の異なるその人たちに、できるだけ好印象を持ってもらうことが、ひいては患者さんの病状を回復する手助けとなるはずです。

まず何よりも大切なのが、看護師としての業務をきちんとこなしていくことでしょう。
看護師はサービス業ではないので、相手に媚びる必要はありません。

そうではなく、てきぱきと迅速に業務を全うしようとしているその真摯な態度に、人々は好印象を持つものでしょう。
また、身だしなみといった外見に関することにも、注意が必要です。

看護師の業務は、思った以上に動きまわることが多いので、その動作に邪魔となるようなアクセサリーは外しておきましょう。
女性の場合は、髪の長い人は1つに結わえることも必要になりますし、化粧も顔色がよく見える程度に抑えるべきでしょう。

そういった細かい点に1つ1つ注意を払っていくことこそが、好感度の上昇につながるのだといえます。
0




AutoPage最新お知らせ