健康になれる生活とは  

健康とは身も心も異常がない状態のことです。しかし自信をもって自分は健康だと言える人はどれくらいいるでしょう。病院に行って初めて自分に持病があることを知ることになったりと、普段の生活の中ではなかなか気づきにくいのではないでしょうか。

健康になるにはどのような生活を送ればいいのか。大人であれば、一度は考えたりするでしょう。酒やたばこを控える・運動をする・栄養のバランスの取れた食事(参考:blog.livedoor.jp/beji_deru/archives/30989941.html)をする。

これらが一般的な健康を保てる生活となります。それ以外にストレスを溜めない・住環境など非常に多くのことを考えなければなりません。

現実問題として、これだけのことを意識しながら生活するのはとても大変なことだと思います。自分にできることからでいいので、目標を立てて行動することが重要となります。

0

健康診断の重要性  

「自分は健康だから大丈夫。」ではなく、「健康だからこそ、健康診断をしなければ。」と最近私は考えるようになりました。

それは祖父が健康診断により、命拾いをしたからです。

私の祖父は肝臓疾患を患っていたのですが、完治した後も毎年健康診断に行っていました。

すると、診断結果から初期の肝臓癌にかかっていることが分かったのです。

年齢も80歳近く高齢ということもあり、体力的な問題などから手術ではなく通院して治療することを選びました。

治療から数ヶ月後、治療を始めたことが早かったお陰なのか改善されていると言われました。

今も完治した訳ではないのですが、祖父は食欲もあり、趣味の家庭菜園もしたり、運転もできるくらい元気です。

検査には費用が多少はかかりますが、命がかかっていると思えば安いものです。私もまだまだ若くて健康だからと過信しすぎず、健康を維持するためにも検査を毎年きちんと行おうと思いました。
0




AutoPage最新お知らせ