和歌山県の保健師求人の特徴は?  

和歌山県の保健師の募集には、治験コーディネーターの募集が結構あるようですね。

治験コーディネーターの業務経験がある人もいるでしょう。

治験コーディネーターの業務では、治験を行う時のサポート以外にも、治験者の手配などを行うことも有ります。

保健師の求人募集 | 和歌山で探すならココ!」には、関係各所を回っての交渉を行うこともあると書かれています。

そう考えると、治験コーディネーターには、保健師としての知識以外に、コミュニケーション能力も大事ですね。

交渉上手な方には、向いているかも知れませんね。

それから、治験以外では、地方に訪問調査員の仕事もあるようです。

特に山林部でなかなか保健所まで足を運べないような地域では、ますます訪問によるサービスが必要ですよね。

このような地域には、高齢者の方が住んでいることが多く、高齢者の方へのサービスが中心のようです。

保健師は、こちらの学校で目指すことが出来ます。⇒保健師になる為の大学 - 大学・短大 - 教えて
0

看護師が患者さん中心の医療を考えるなら使う言葉も気をつけて  

病院に行くということは、具合の悪いときや病気を患っているときです。
そういうときはどうしても、気持ちまでが沈んでしまいます。

そんなときに、看護師の態度や言葉遣いには敏感になってしまうものです。
乱暴な言葉を使うことはもってのほかですが、丁寧な言葉だから良いというわけでもありません。

だからといって、友達と話すような言葉遣いが良いというわけでもありません。
では、どういった言葉遣いが適しているのでしょうか。

やはり、基本は敬語を使いましょう。
しかしながら、耳が遠い人に対して「検査にまいりましょう」といった丁寧な敬語を使っては、聞き取ってもらうことができない場合もあります。

そういったときには、「検査に行きましょう」といった簡単で聞き取りやすい敬語にしましょう。
看護師はハードな仕事ですが、相手のことや状況を考えながら言葉を使い分けることが適切です。
0




AutoPage最新お知らせ