看護師国家試験の合格率  看護師:合格率

看護師になるのは簡単なことではありません。看護学校に入学して、看護師になるために必要なことを学び、卒業して国家試験に合格しなければ看護師資格は取得できないのです。この説明だと簡単なように聞こえるかもしれませんが、看護学校で学ばなければいけないことはたくさんあり、実習も行わなければなりません。国家試験に合格するために毎日のように勉強をしたり、辛い実習に耐えながらレポートなどを作成したりなど…。学生時代を思い返すと、大変だったと感じる看護師の方も多いのではないでしょうか?

気になるのが看護師国家試験の合格率。いったいどれくらいの方が難しい試験に合格されているのでしょうか…?調べてみると、意外と合格率が高いことがわかりました!!毎年行われる看護師国家試験の合格率は、90%前後だそうです。難しい試験なので合格率も低いのではと思いきや、かなり高い合格率なのですね。この数字を見ると、思っているより簡単に資格を取得できるのでは?と思う方もいるかもしれませんが、合格のために学生が努力しているからこれだけ高い合格率なのですよね。

資格を取得しても仕事の辛さから看護師を辞めてしまう方も多いですが、できるだけ多くの方に活躍してもらいたいですね。
0

トリアージナース  看護師:トリアージナース

「トリアージナース」ということばをご存知の方はいらっしゃいますか…?
看護師の方であれば看護学校で習うはずなので知っている方が多いと思います。

患者の重症度を判断し、診察の優先順を決める看護師のことを言います。
そもそもトリアージということばですが、緊急の処置を要する場合や傷病者のけがの程度に応じて、病院搬送や治療の順番を決めるという意味があるそうです。災害が起きたときなど、救命率の向上を目的に用いられるそうですよ!!

どんな人がトリアージナースに向いているのかというと、まずはメンタルが強いことが挙げられると思います。患者さんの治療や処置の優先順位を決まるため、患者さんにはそれを理解してもらわなければいけません。しかし、中には看護師が決めた順位に対して文句を言ってくる患者さんもいます…。そういったことに対して強くなければ、この仕事は務まらないかもしれません…。また、臨機応変な対応も必要になってくるでしょう。

大変なお仕事ですが、看護師としてスキルアップを目指したいという方にはおすすめですよ!!

トリアージナースに関する鍬さいい情報は、トリアージナース.comをご覧になってください。

また、日本救急看護協会のホームページにはトリアージナースの研修会について掲載されていますので、ぜひ参考にしてみてください。
0




AutoPage最新お知らせ