★シュミレーション★  handmede

★またまたワイヤーネット★

ワンショップモールブース移動するのでワイヤーネットで棚作り。
その場所の大きさや展示作品によって棚の形を変えるので、
やはりワイヤーネットが大活躍!!!

その為今回の棚の広さは高さ105センチ、幅80センチ、
奥行き40センチなので展示する作品のことも考えながら、
家にあるワイヤーネットと結束バンドで棚作りでした。

買い足すときも常に格子のサイズと幅だけに注意して買い足して
いけばたいてい失敗なくどんな場所にも対応できる棚が作れます。
そして買い足すトレイなどもサイズは必ず確認します。
そうすれば本当に便利で使い勝手の良いものが簡単に
作れちゃうんです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ただもう少し温かみのある木とかが本当は好みなんですが、
そこは残念ですがどうにもなりませんね。
はじめの頃は布でカバーを作ったりしていたのですが、
なんせ月単位で展示替えしていたので無駄になってしまうんで
すよね。
だから今のところそこは妥協するしかないです。

クリックすると元のサイズで表示します

 展示した様子です。
  まだまだ雑然としてますが、徐々に片付けていきますので、
  引き続き宜しくお願いします。


 

 『ayuruの手作り日記』・(Handmade Journal)
           ネットショップはこちらから
                 ↓
                 




励みになっています。いつもありがとうございます。
   ↓ランキングに参加しています。
       応援宜しくお願いします

     
にほんブログ村 ハンドメイドブログ リネン・リネン小物へ



0



2011/5/5  21:49

投稿者:ayuru

いえいえとんでもないです。
本当にお近くなら是非ニット教えてもらいたかったです。

いつかコラボ作品なんてどうでしょうか?
夢は広がります・・・・・・


2011/5/5  20:07

投稿者:happy and sunny

ショップのブースとなると展示という問題もあるんですね。
確かに木は素敵だけど、何度も移動になるとそのたびに作りなおすのは大変!

でも、ワイヤーネットと結束バンド、その他の小物使いでこんなに素敵なディスプレイができるayuruさんは、やっぱり本当に光るセンスをお持ちなんだなと思いました。

ブックカバー以外にもニットパーツ使いのパッチワークが売りだったんですね。
何も知らなくて・・・失礼しました。なかなか無い特徴だし素敵です。
私が近くに住んでいたら一緒にニットパーツ作りしたかったなぁ〜。

http://plaza.rakuten.co.jp/happyandsunny/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ