宝塚記念見解  競馬



実際は夏季番組ですが春季GTカテゴリーとして宝塚記念を紐解いていきます

例外なく起用されてきた春季GTトレンド戦歴からみれば古馬GTにおいては17年 GT賞金加算歴が起用、もう一方1人気配置による純粋・対角ゾロ目決着、これらに該当するのは、


☆17年のGT賞金加算歴

@キセキ 17年 菊花賞1着⇒【その後のGT未勝利】
Aレイデオロ 17年 ダービー1着⇒18年 天皇賞秋1着
Cアルアイン 17年 皐月賞1着⇒19年 大阪杯1着
Jスワーヴリチャード 17年 ダービー2着⇒18年 大阪杯1着
Kリスグラシュー 17年 桜花賞・秋華賞2着⇒18年 エリザベス女王杯1着


☆1人気配置による純粋(接触)・対角ゾロ目決着

Bエタリオウ 神戸新聞杯(接触ゾロ目)
Eスティッフェリオ 小倉大賞典(対角ゾロ目)


そして通常の宝塚での起用戦歴からは京都記念連対馬の存在がキーとなってましたが今年は1・2着馬が揃って不在、しかし不測の事態に備えて2200m GTエリ女勝ちKリスグラシューと前年宝塚2着裏同枠Dタツゴウゲキらが参戦してきたものと捉えます

他には近走のハンデ重賞賞金加算歴が問われることからEスティッフェリオGショウナンバッハIノーブルマーズが浮上します


フォーマットからは京王杯SC・マーチS・阪神大賞典・フラワーC等と同一であり、正逆10が連対、4枠5枠6枠のいずれかが連対してます

最後に前年JCと有馬記念を3歳馬が制した翌年の視点から


02年 宝塚記念
1着 Bダンツフレーム
1着裏同枠Cエアシャカール【2人気】

2着 ツルマルボーイ【前年秋天1着同枠】


11年 宝塚記念
1着 @アーネストリー
1着裏同枠Aルーラーシップ【2人気】

2着 ブエナビスタ【前年秋天1着】


13年 宝塚記念
1着 Iゴールドシップ【2人気】

2着 Cダノンバラード
2着裏同枠Bフェノーメノ【前年秋天2着】


これに該当するのが前年秋天1着レイデオロ・1着同枠スワーヴリチャード・2着裏同枠キセキであり、AレイデオロJスワーヴリチャード、そして2人気枠勝利が重要となります

ちなみに今回単独ダービー馬レイデオロの1着はあり得ません

同マカヒキも同様です

以上からまとめると秋天1着レイデオロ 1人気の裏同枠、2200mGTエリ女1着リスグラシュー対角配置、17年 GT賞金加算後に唯一GT未勝利馬の@キセキ(2人気)を軸とします

押さえ軸はKリスグラシューです

相手には基本的にGT馬決着は起きないとみて他GT馬は全て排除し、トレンド戦歴1人気配置の純粋・対角ゾロ目歴を重視しハンデ重賞加算歴を持ち前年2着裏同枠タツゴウゲキの同枠となるEスティッフェリオを筆頭にします

2番手には上記トレンド戦歴を持つエタリオウの対角で前年目黒記念2着ハンデ賞金加算と前年3着歴、フォーマットの正逆10連対からIノーブルマーズとします

他押さえでGショウナンバッハHクリンチャーまで挙げておきます

では重賞見解です



★宝塚記念

単複
@キセキ

馬連単
@(K)⇒EI(GH)


凱旋門賞に春天前に登録していたフィエールマンとキセキ、今年のダービー馬は凱旋門賞行きをフラグにしたサートゥルナーリアの登録⇒ダービー敗退回避からのダービー馬ロジャーバローズの参戦決定

この流れから今年凱旋門賞に春天馬・ダービー馬・宝塚記念馬が参戦することが事前の予定調和だったのならば今回のメンバーで唯一登録しているキセキの勝利は確定していると考えられます

個人的にはここから秋GTシリーズへと川田の反撃が始まるとみてます

ではでは
0
タグ: 宝塚記念

英GTプリンスオブウェールズS見解  競馬



英GTプリンスオブウェールズSもフォーマットから紐解いていきます

フォーマットからはゲート位置の正逆1か正逆11が1着候補に挙がっているのでゲート正逆1を優先してFマジカルCヴァルトガイストの2頭軸でいきます

相手にはゲート正逆11配置の@クリスタルオーシャンEディアドラ他Gシーオブクラスまで入れておきます

では見解です


★英GTプリンスオブウェールズS

単勝
Fマジカル
Cヴァルトガイスト

馬連単
Fマジカル
Cヴァルトガイスト
↓↓↓
@クリスタルオーシャン
Eディアドラ
Gシーオブクラス


宝塚記念の枠順発表はキセキとスティッフェリオの配置に注視してます

先読みからはキセキの連対は確定してるとみます

ではでは
0

ユニコーンS・函館スプリントS見解  競馬



今週は禁止薬物摂取の可能性から枠順確定後に起きた大量の競走除外馬という過去にないレアケースが発生しました

重賞はいつも通りのフォーマットからの解読をしたのですが果たしてそれが除外馬多数の枠順でどこまで反映するのかという部分では疑問は拭えません

ユニコーンSはフォーマットから導きましたが除外馬多数の函館スプリントSに関しては有効なのかどうかは定かではありません

フォーマットからいえばどちらの重賞もセンター配置馬GデュープロセスとFダイメイフジですが今日はレアケースは理解しつつも様子見しながらこれらから入ってみたいと思います

では重賞見解です



★ユニコーンS

単複
Gデュープロセス

馬連単
G⇒CKJ@NMA

3連複単
G⇒CK⇒@M



★函館スプリントS

単複
Fダイメイフジ

馬連単
F(I)⇒AJL


ではでは
0

エプソムC・マーメイドS見解  競馬



残念なことにベルモントSの見解を挙げようとしていたにも拘わらず、睡魔に襲われ寝落ちしてしまいました(ーー;)

今回ベルモントSを購入しようとした理由は今年のケンタッキーダービーをGT等の考察に追われすっかり忘れてしまい購入が叶わなかった経緯からです

思い出したころには既にレースも終わっており、結果は皆さんも知るところの大波乱でした

正直当てられてたかは微妙なところでしたがそんな事から今回のベルモントSは参戦しようと思った次第です

しかし今度は購入もブログアップを忘れた訳ですがフォーマットからの解読で正逆@浮上から2頭軸にはせず@は切りIタシトゥスの2着付けで勝負しました

結果は、


クリックすると元のサイズで表示します


フォーマットのある指示からやはりタシトゥスは2着止まりとなり無事的中です(* ̄∇ ̄)ノ

切った@が粘ってたときは若干ゾッとしましたがケンタッキーダービー不参加の悔しさは見事晴らすことができました!

今年はこれまで発売しなかった海外GTが目白押しなようなので夏以降はなるべく参戦しブログにも挙げたいと思っています


では本日の重賞エプソムCからですがフォーマットからは日経賞・きさらぎ賞・18年ステイヤーズSと同一で1人位置、正逆12か3か4が連対設定されています

今回は正逆4と1人気位置が合致したのでCソーグリッタリングを軸に入ります

相手にはマ行枠からミッキースワロー付近のHGFとします


マーメイドSのフォーマットはオークス・アンタレスS・アーリントンCと同一で正逆8か9、5枠が連対設定されていること、枠連決着がア行vsカ行決着になっていることから軸には5枠Hアドラータからいきます

相手にはフォーマットの指示から8枠NO、カ行のDLMあたりに流します

では重賞見解です


★エプソムC

単複
Cソーグリッタリング
(Kブレスジャーニー)

馬連単
CK(J)⇒HGF


★マーメイドS

単複
Hアドラータ

馬連単
HI⇒NODLM(A@)


ではでは
0

安田記念見解  競馬



まずは先週のダービーにおける春季GTの戦歴トレンドを振り返ればGT賞金加算と1人気ゾロ目歴を併せ持つEサートゥルナーリアの裏同枠Fダノンキングリーが連対を死守しました

今回の安田記念は古馬GTであり春季古馬GTのトレンドを確認すれば春天を除いて17年GT賞金加算馬が起用されています


Aアエロリット 17年 NHKマイルC1着
Gステルヴィオ 17年 朝日杯FS2着
Lペルシアンナイト 17年 皐月賞2着
Nダノンプレミアム 17年 朝日杯FS1着


もう1つの1人気 接触・対角ゾロ目歴は

Aアエロリット 毎日王冠 1人気対角ゾロ目
Gステルヴィオ 毎日王冠 1人気対角ゾロ目
Nダノンプレミアム 弥生賞 1人気接触ゾロ目


両方併せもつタイプが対角に配置されていることから正逆2のアエロリットかダノンプレミアムが有力となります

フォーマットからは18年 葵S・18年 スプリングS・18年 ファルコンSと同一でレースでは対角や接触のゾロ目が発生する設計となっています

CMはオークスの項で述べた7枠Lデムーロ 1人気枠に今回該当していることから考えるとシンプルに接触ゾロ目がNダノンプレミアムからMアーモンドアイで発生する可能性は高いと判断します

しかしアーモンドアイの勝利はないはずです

過去の三冠牝馬(アパパネ・ジェンティルドンナ)や前年 年間重賞6戦以上で全賞金加算歴(00年テイエムオペラオー・94年ヒシアマゾン※無敗の三冠馬は除く)は年明け国内初戦は全て敗退しています

これは前年の過剰な賞金獲得による鉄槌だと思われます

それでいて彼女は既にGT4勝馬という視点に立てば後あってもGTが3勝までしか得られないタイプといえます

今後の国内GTでの勝利する確率がぐっと下がるとみれば先程の年間重賞全賞金加算歴は仇になると捉えれば間違いなく安田記念での勝利はないと思われます

その一方で今年の春GTは川田とダノン旋風が起きるとの記者の読みが外れながら、ダノンに流れがあったことも事実なことからダノン馬は1600戦のGT獲得設計されていることからNダノンプレミアムの勝利に期待します

今回の枠順はマイルCSから配置が再現されてあり(マイルCSは1枠純粋ゾロ目 3着川田)、安田記念はNHKマイルCの結果をトレースする傾向にもあり(NHKマイルCは8枠純粋ゾロ目)、昨年から続くスプリンターズSの対角ゾロ目(1着川田 ⇒高松宮記念とスプリントGT統一)や高松宮記念の純粋ゾロ目など短距離GTはゾロ目系を踏襲していることからもNダノンプレミアム 川田⇒Mアーモンドアイ 接触ゾロ目決着を最優先したいと思います

万が一にもアーモンドアイが連対否定されるパターンも想定してダノンプレミアムからスプリットゾロ目となるアーモンド同枠Lペルシアンナイト、裏対角となるIフィアーノロマーノ、アーモンドの平行配置でマイラーズCの再会馬券となるEグァンチャーレ、対角ゾロ目となる前年2着Aアエロリット、純粋ゾロ目のOロジクライ、スプリットゾロ目で高松宮記念2着 幸の@ケイアイノーテックまでゾロ目は押さえます

基本線のN⇒Mからの3着探しですがフォーマットから浮上する正逆5か6からDEJKの中でもEグァンチャーレの可能性に期待します

では重賞見解です



★安田記念

単複
Nダノンプレミアム

馬連単
N⇒MLIEAO@

3連複単
N⇒M⇒EJKD


ではでは
0
タグ: 安田記念




AutoPage最新お知らせ