天皇賞(春)見解  競馬



青葉賞記事のコメント欄に書いたように春天はAチェスナットコートから入ります(  ̄ー ̄)ノ

テイエムオペラオーが前年全GT1人気歴を残した翌年となる年から、前年全GT1人気歴キタサンブラックの翌年と同じ切り口という部分から入れば今年を求めるカギは2001年となります

きのうの青葉賞もしっかりと2001年を踏襲していて

01年 青葉賞
1着枠 蛯名1人気
2着 福永8人気

18年 青葉賞
1着 蛯名
同枠 福永1人気 3着
2着 8人気


シュヴァルグランからチェスナットコートに切り替えた理由としては

01年 春天
1着 1枠和田

18年 春天
1枠和田


他にも理由はありますが総合的に1枠は連対すると判断しました(2着まで)

相手筆頭には阪神大賞典1着を回避し武豊を乗り替わりさせ結果的に春天の圧倒的1人気になることを事前に敢えて(?)回避してきたGクリンチャーです

来年日本の元号が変わる節目となる最後の年に皇に成るという名前の三浦皇成をここぞのタイミングで乗せてきたのはずっとこの元号が変わるこのタイミングを今か今かとJRAが狙ってきたのだと考えます

三浦皇成の初GT制覇は最初から春の天皇賞というJRAの思惑を感じました(  ̄ー ̄)ノ

次点でステイヤーズS3連覇を持ち込んだルメールのMアルバートです

どちらかが勝つとみます

では重賞見解です


★天皇賞(春)

単複
Gクリンチャー
Mアルバート

枠連
1ー4・7・5・8・1

馬連単
GMINA⇒A(@)


ではでは
タグ: 天皇賞(春)



2018/4/29  16:27

投稿者:すてっぺん

結果はやっぱりかの3連複1人気決着で青葉賞記事の3連単の押さえが引っかかり何故かの大幅黒字!Σ( ̄□ ̄;)

6枠起用シュヴァルグラン連対が1枠と入れ替わらないかと期待するも4・5着の裏役止まり(/o\)

01年の最内@オペラオー1人気と大外Kトップロード2人気馬券対象の再現(接触馬券)を6枠1人気シュヴァルグラン2人気レインボーラインでしっかり再現しそのまま

事前見解通りに終わり何故か納得(T▽T)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ