共同通信杯・京都記念見解  競馬



本日は時間の都合上、考察等は省略します

共同通信杯は1人気とセンター配置馬と最内・大外配置馬が焦点となり、京都記念は2頭の新旧ホープフルS勝馬と接触・対角配置の軸Aノーブルマーズからゾロ目系発生が焦点です

ノーブルマーズ不発の時は対角Jタイムフライヤーからゾロ目系が発生してると思われます

では重賞見解です


★共同通信杯

単勝
Cアドマイヤマーズ

馬単
C⇒@B


★京都記念

単複
Aノーブルマーズ

馬連単
A⇒GDJI(C@)


ではでは



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ