高松宮記念・マーチS見解  競馬



本日は用事があり短めの考察とします

マーチSは1人気位置が連対から4枠から入ります

相手には端枠の1枠と8枠です


高松宮記念はGTで同一馬が2年連続2着(レッツゴードンキ)の側面から、これまでの他GTにおける2年連続2着の翌年では4枠・正逆11か9の連対が発生、前年4枠配置ナックビーナスとレッツゴードンキの接触配置プラス前年連対番配置から軸はHナックビーナスとGレッツゴードンキの2頭軸でいきます

平成最後の皇室GTとしてのメッセージ性を汲み取れば小室圭問題や皇族不足(女性皇族の活用)から牝馬のワンツーフィニッシュがベストと考えます

以上から牝馬決着を最優先したいと思います

大野と岩田決着は同じ左回りとなる代替スプリンターズSを思い出し、その時の勝馬スノードラゴンがここまで引退しなかったのはこのレースを見届けるためと考えられます

きのうの結果を受けての毎日杯における今後のダービーまでについては後日触れる予定です

では重賞見解です



★マーチS

単複
Gテーオーエナジー

馬連単
GF⇒@OAN


★高松宮記念

単複
Hナックビーナス

複勝
Gレッツゴードンキ

馬連単
HG⇒GMNOQILK


ではでは
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ