福島牝馬S見解  競馬



アーモンドアイの凱旋門賞回避ですが正直やはりかという思いです

あれだけ最強馬だとJCのパフォーマンスで世界にアピールしながらも何故かいくぞ凱旋門賞という気運とはならず、その裏にはあくまでも慎重という馬ファースト的な雰囲気が付きまといました

その雰囲気から思い出していたのはエアグルーヴでありそしてジェンティルドンナを凱旋門賞で走らせたいといった最初の頃のコメントから馬が実力を示せば示す程それぞれ陣営がトーンダウンし結果その話はその後一切触れない流れがフラッシュバックしてました

ジェンティルドンナもアーモンドアイも凱旋門賞に出走すれば確実に連対以上は確約されているにも拘わらず出走断念の裏にあるのは主催者フランスギャロからJRAを通じて参戦を断られたのが事実でしょう

今年の凱旋門賞のシナリオは既に出来上がっている中、そこに新たなキャストをしかも連対切符を持っている馬を参戦させるわけには簡単にいかない訳です

要は今年の凱旋門も日本が勝てない(連対できない)シナリオであったとみるのが妥当です

逆の立場で言えばジャパンカップがそうです

外国馬を勝利させるまた連対させる年の招待馬選定と国内馬のキャストには通年では見られないタイプを揃える部分で主催者はその年限定のオペレーションを施す訳ですがそれと意味合いは同じです

そしてその反動としてアーモンドアイの慎重度とは真逆の激しい温度差を感じさせる皐月賞馬サートゥルナーリアやアーモンドと同じシルクレーシングの有馬記念馬ブラストワンピースの登録、そして次いでにの感覚かはわかりませんが菊花賞馬フィエールマンもといったかなり楽観的でポジティブな登録に対し、フランスギャロ側から連対切符が無いタイプなら何頭でも登録どうぞと言ってるような一面が垣間見えてきます

それだけで今年の凱旋門賞における日本馬の扱い(連対拒否)がみえます

今年の凱旋門賞にアーモンドアイが参戦させてもらえるのなら真面目にフランス遠征の凱旋門賞旅行を考えてましたが、先の慎重コメントから怪しいムードを感じてただけにこちらとしてはその一点を見定めていたところでしたがやはり幻で終わった、今そんな感想です

近々凱旋門賞を勝たせられる日本馬が誕生するはずなのですがそれはまだ少し先の話となりそうです


では福島牝馬Sですがフォーマットから逆5か6が連対する設定からDデンコウアンジュEフローレスマジックの2頭軸でいきます

では重賞見解です



★福島牝馬S

単複
Dデンコウアンジュ
(Eフローレスマジック)

馬連単
DE⇒ECGHCI


ではでは
0
タグ: 福島牝馬S



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ