ダービー・目黒記念見解  競馬




時間が足りなく遅くなりましたがかなり迷っています

まず目黒記念はフォーマットからKパリンジェネシス 川田 キャロットFが勝つと想定し、2着にはフォーマット設定の5枠とみます

どちらかといえばダービーより目黒記念はその通りになりそうとの逆算から目黒記念で川田とキャロットFが勝利すると想定し、ダービーは事前予告通り川田でもキャロットFでもないFダノンキングリーからいきます

その一方でダービーでかなりの確率で馬券になると思われるのは7枠の福永か川田で、川田は目黒記念で仕事があるとの判断からMランフォザローゼス 福永からも押さえたいと思います

皐月賞の1・2着対角馬が連続で対角配置からダービーでのEサートゥルナーリアとLヴェロックスの馬連は不可能なはずなのでどちらかは馬券対象から消えるとみてます

3人気枠が勝つダービーならばMランフォザローゼス 福永 青葉賞2着によるダービー連勝側をとります

因みに前年ジャパンと有馬記念を3歳馬が統一した翌年のダービーは直前GU1着歴が連対したことから同枠NとB、そして京都新聞杯は対角ゾロ目決着から@Jは押さえたいところです

先のJC・有馬記念の翌年で書き忘れた戦歴として全ての翌年では共同通信杯かきさらぎ賞1着歴が起用されている流れからFダノンキングリーを重くみたいと思います

その為のダノンチェイサー きさらぎ賞馬の回避とも受けとりました

最後にダービーと春天の両方を同一年に獲得した調教師は過去に存在しません

この掟は守られるとの判断から角居厩舎のダービー制覇は無いと結論づけました

では重賞見解です


★ダービー

単複
Fダノンキングリー
(Mランフォザローゼス)

馬連単
F⇒MDHINC@ABO

(M⇒EL@AKJBCN)

3連複単
F⇒MD⇔EL


★目黒記念

単複
Kパリンジェネシス

馬連単
K(B)⇒EFCIDB


ではでは
0
タグ: ダービー



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ